JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳のメスのチワワがクッシングと診断されました

質問者の質問

13歳のメスのチワワがクッシングと診断されました かなりの筋力低下が見られ今は何とか立ち上がる時私が手伝えば少し歩ける程度です 無関心無感動になり表情もかなり乏しいです 肝臓の数値もかなり悪くウルソを朝晩飲ませています 先生はクッシングの治療を否定する訳では無いが今この状態で高い治療費と犬にストレスをかけて検査ばかりさせてもキビキビ歩けるようにならないし見た目水を飲む量が減るぐらいだと言われ治療してもしなくても寿命は変わらないと言われました 高額な治療費の割に劇的な改善は見られないからメリットが無いと言われ治療を躊躇というか諦めましたが日に日に歩けなくなる姿を見てこの選択で間違って無かったのか悩みます 今はクッシングの療法食とウルソとR&YOUというサプリメントと緑い貝のサプリメントを続けています 治療するべきでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
そうですか、確かに悩むところではありますね。
私は個人的には治療するべきだと思います。
確かにどこまで改善するのかは不明ですが、クッシングを持っているのであればさらなる筋力の低下や体重の増加が予想され、さらに起立することができなくなる可能性が高いです。
クッシングの治療で多少そういったことがましになる可能性はありますし、筋力の低下などを抑えることはできると思います。
また、肝臓もクッシングがあればウルソを飲んでいてもどんどん悪化しますし、糖尿病や血栓塞栓症などのクッシング随伴疾患に陥る可能性も高いです。
多飲多尿のみが症状であれば治療の必要性は微妙ですが、そういった症状が出ているのであればむしろしっかり治療をするべきかと思います。
少し治療に注意が必要ですし、合わなければすぐに中止する必要はありますが、治療はしてもらったほうがいいというのが私の意見です。
治療費に関しては確かにある程度かかりますが、小型犬の子であればそれほど高額というわけではありません。
おそらくお薬代は一日数百円になるでしょう。
落ち着くまでは何度か血液検査などをしないといけませんが。
質問者: 返答済み 1 年 前.
セカンドオピニオンした先の先生も治療をするべきとの意見でした なぜ先生はあんなしてもしなくても寿命は変わらないとかあなたが望んでるような劇的な改善は見られないとか言われたのか解りません セカンドオピニオン先の先生は内分泌が苦手だからそんな事を言うのだと言うし だいたい治療費が儲かるし普通は治療をすすめますよね?何を信じたらいいのか解らなくなってきました
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おそらくクッシングの治療で何か苦い経験があるのでしょう。
クッシングの治療は多少調子を崩すリスクがありますし、用量の調整などが複雑になることもあります。
そのあたりのことを考えてそういったリスクを避けるためにおっしゃったのかもしれません。
ただし、治療でQOLや寿命などを改善することは可能だと思いますし、意味がないことはないでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
その治療してもしなくても寿命は変わらないよと1番最初に言われた事で治療への熱意が全く失われてしまいました 先生はこの病気の治療をしたく無いんだな〜と漠然と思いましたし もし治療するならセカンドオピニオン先の先生にお願いしようとは思ってますがなんかあの言葉がトラウマになってしまい治療に対して消極的な自分がいます 主人にも話しましたが寿命が変わらないなら多頭飼いでお金もかなりかかるのだから身体に良いサプリメントや療法食のフード、他が悪くなればその都度対処すればいいと 頭が痛いです 治療したくなるく原動力が欲しいです
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
基本的には先ほど書いた通りです。
治療しなければこれからいろいろな合併症が悪化してくる可能性が極めて高いことです。
クッシングの怖いところは常にステロイドホルモンが体の中に大量に存在することでいろいろと臓器に負担をかけるところです。
悪くなったらその都度対処というのは難しいですよ。
肝不全にしても糖尿病にしても一度なってしまえば治ることはまずありません。
ですので、その考え方は危険です。
治療をやらないのであれば、そういったことを覚悟のうえで、費用面や治療自体のリスクを考えてやめておくということであれば、それはそれで一つの考え方です。
悪くなタラ対処というのは難しいと考えたほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
もう一度よく考えて主人と相談してみます 実の所2頭の子が同時期にクッシングと診断されたので主人は治療費がかなり高額になるからという考えがまっ先にあるみたいですので治療には私より消極的です ので2頭に治療を受けさすのは実際厳しいと思います 何とか考えます ありがとうございました
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、どちらがいいかに関しては最終的に飼い主さんが一番いいと思われることを病院の先生と相談しながら判断していってください。
また何かあればご相談ください。
お大事にどうぞ。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問