JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

14歳半のAコッカースパニエル(メス)です。1週間前(土曜に、数日続く下痢のため、7,8年ぶりに獣医師に見ていただき

解決済みの質問:

14歳半のAコッカースパニエル(メス)です。1週間前(土曜に、数日続く下痢のため、7,8年ぶりに獣医師に見ていただきました。下痢をする以外は食欲もいつも通り旺盛で体もよく動いていました。注射を1本うっていただくと下痢はぴったっと止まったのですが、足腰がふらつき、特に後ろ足がふらふらになり、その上昨日より食べ物を一切口にしなくなってしまいました。私は具合の悪い子どもの世話で手が空いておらず、夫が診せに行ったので何の注射なのかよくわかりません。ただ、夫が言うのには、獣医師が「この注射をうって下痢が止まらなければ内臓の病気だ」とおっしゃったとのこと。あんなによく食べ動いていた子がこんなにも急速に衰えてしまうものなのでしょうか?私には、どうしても注射した薬剤の副反応としか思えず、こちらに相談させていただいた次第です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。
専門家:  wantaro 返答済み 1 年 前.
最近やせてきた、水を飲む量が多い、尿量が増えてきた、食事量が以前より少なくなった運動するとすぐに疲れて、動かなくなるなどが有りませんでしたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
再投稿:その他.
質問に対しての返答がありませんでした。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
再投稿がありましたのでお答えいたします。
まず、どんな薬を使ってのかわからなければ、副作用の種類も断定はできませんが、通常の下痢止めで、足腰がふらついたり、一気に弱ることは考えられません。
アレルギー反応などであれば考えられますが、今の症状を出すような副作用はまず考えられないでしょう。
ですので、下痢の原因がかなり重篤な内臓の病気である可能性が高いです。
年齢的には心不全や悪性腫瘍、貧血、腎不全、肝不全など様々なことが考えられます。
ひとでも高齢の方で一気に調子を崩したり、突然死があったりすると同じくワンちゃんでも調子を突然崩すことはあります。
もしその病院に不信感を抱かれているのであればほかの病院でもいいですが、早めに診てもらうべきかと思います。
まだ治る可能性のある病気でもそのまま様子を見ていたら手遅れになることもありますので。
質問者: 返答済み 1 年 前.

三週間ほど前のトリミングで全身をカットした際にはあまり感じなかったのですが、今回下痢で被毛が汚れてしまった際にシャンプ―をして、あまりの激やせぶりに驚きました。下痢および軟便が続いていたとはいえ、こんなに痩せてしまうのは大変だと思い急ぎ近くの獣医師に診ていただいた次第です。

水の量に関しては、注射後(診察後)「あれ?めずらしい また飲んでる~」と感じました。

診察以前、尿量は増えてきたようには感じていませんでしたし、食事量も以前と変わらずよく食べていました。

運動に関してですが、確かにあまり動きたがりませんでした。もともと寒いのが苦手なこともありましたので、洋服(コートなど)を着せて日々散歩は続けていました。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。
先ほども上げた通り、そうなると、腎不全や糖尿病、悪性腫瘍、心不全などの歌が体があります。
これらの病気でも消化器症状(下痢や嘔吐、食欲不振など)で出てくることはあります。
ほとんどの病気は血液検査とレントゲン、エコー検査で診断がつきます。
早めにしっかり検査してもらい、今後の治療を考えてもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.

腎不全や糖尿病、悪性腫瘍、心不全などの疑いがあるとのご返答ですが、

症状からみて、肝不全と貧血ではなさそうということでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
それも可能性はあります。
ただし、多飲多尿が特徴的なのは腎不全や糖尿病、悪性腫瘍ですし、心不全は高齢のワンちゃんでは非常に多いです。
それ以外にもアジソン病なdのホルモン疾患、慢性膵炎などの消化器疾患、避妊種々をしていなければ子宮などの生殖器疾患など考えられるものはかなり多いです。
特徴的な症状が出ていませんのでここでこれの可能性がかなり高いと断定することはできません。
しっかりした検査で診断していくことが必要です。
血液検査だけでも腎不全や糖尿病、肝不全、貧血などはわかります。
質問者: 返答済み 1 年 前.

すみません。症状の伝え方が悪かったようです。

多飲多尿ではないと思っています。

獣医師より「この注射で下痢が止まらなければ内臓の病気」との説明を受けたようなのですが、実際、下痢は止まっても、他の症状が出たということにより内臓疾患の疑い有り ということなのですね。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、うまく理解できていなかったようですね。
申し訳ありません。
その通りです。
下痢の症状は単なる一過性の大腸炎ではなかったということです。
私は血液検査と身体検査である程度病気がわかることが多いと思います。
あとはレントゲンとエコーもやっておいてもらうほうがいいとは思いますが、まずは血液検査が一番かと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.

遅い時間に度々すみません。早急に血液検査をしたいと思うのですが、かかる獣医さんによって検査の機器の性能や検査方法が違ったりはしないのでしょうか?もし検査機器の性能などに大きく差があるというのでしたら、遠方だとしてもしっかりと選んで足を運びたいと思います。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
血液検査はほとんど変わりません。
変わるとしたらエコー検査です。
しっかり見てもらうなら遠くても大きい病院に行くは悪いことではないでしょう。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問