JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

一週間前に突然悲鳴をあげて痛みだしました。 獣医さんで血液検査とレントゲンを撮ってもらいましたが以上はなく、 た

解決済みの質問:

一週間前に突然悲鳴をあげて痛みだしました。
獣医さんで血液検査とレントゲンを撮ってもらいましたが以上はなく、
たぶん神経からくる痛みだといわれました。
原因をしらべるのにはMRIだそうです。
シーズー女の子15歳と4か月
座薬と痛み止めをもらってきています。
食欲もありますが、ずっとふぅんふぅんと言っています。
今後どうしたらよいでしょうか
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
今現在の治療内容がわかれば教えてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
今は鎮痛薬と、ずっと心臓のお薬を飲んでいます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
鎮痛剤の種類は分かりますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりません
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
その症状からは、首や腰の痛み(椎間板ヘルニアや脊髄腫瘍)、脳炎や脳腫瘍などによる神経症状が疑われます。
高齢のシーズーちゃんではこれらの病気は比較的多く出てきます。
確かにこれらの病気はMRIでないとわからないことが多いです。
ただし、もしこれらの病気の場合、多くが手術をしないと根治出来ず、又年齢的にはそれらのリスクが大きいため、実際にはMRIを撮らずに試験的治療をすることも多いです。
もし飼い主さんが、原因をしっかり知りたい場合や、何か出来ることがあるのであれば積極的にしてあげたいという方の場合は、MRIを予約していってもらうことをお勧めします。
そうでなく、できるだけ負担が少なく、少しでも改善してくれれば、、ということであれば以下のような方法があります。
1、ステロイド剤を使う
これは痛み止めの一種ですが、消炎作用が強く、また、免疫抑制作用もあるので、ヘルニアや腫瘍、脳炎などの症状の緩和が出来る可能性があります。
消炎剤には何種類かあり、もしステロイド剤を使っていないならステロイド剤に変更することで効果が出てくることが多いです。
ステロイド剤に抵抗がある方も多いですが、用量と期間を考えれば副作用はそれほど怖くありません。
2、首の固定
もし首の痛みの場合は、頸椎ヘルニアがある可能性があり、コルセットのようなものを巻くことで痛みが落ち着くことがあります。
3、レーザー治療
これは脳の異常ではあまり意味がありませんが、炎症や痛みの有りそうな部分にレーザーを当てることで消炎作用や鎮痛作用を起こすものです。負担は全くなく、ヘルニアなどで有れば比較的効果の期待できる治療です。
ですので、飼い主さんがどこまで希望されるかによって、しっかり検査をしていくのか上にあげたような1~3の治療をしていくことになるでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。
もう高齢であまり負担のかかる検査もしてあげたくないので、痛みが抑えられてtいるのなら様子をみます。
もう一つ聞きたいのですが、この二日おもらししていることがあります。
どのような症状でしょう?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
それに関しても脳疾患による神経症状か、脊椎疾患による膀胱括約筋の麻痺などによるものかと思います。
治療でよくなる可能性も十分あるでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました。
こちらも相談してみます。
どうも、ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
お大事にしてください。
少しでもよくなってくれるといいですね。

犬 についての関連する質問