JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1258
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

飼い犬が3歳の時に白内障になり手術して2年になります。毎日、ジクロード点眼をつけるように言われて守ってきたのですが、

質問者の質問

飼い犬が3歳の時に白内障になり手術して2年になります。毎日、ジクロード点眼をつけるように言われて守ってきたのですが、副作用(目の潰瘍)になると知りました。獣医師からは生涯に渡って点眼するように言われたのですが、本当ですか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。 ジクロードであれば非ステロイド系の消炎鎮痛剤なので、稀に副作用は出ることがあります。 白内障手術で眼内レンズを入れているので、異物への炎症反応などを予防するための処方だと思いますが、手術および投薬の指示は眼科の専門医によるものでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信いただけておりませんが、現在の状況から回答させていただきます。 まず、しっかりと眼科専門医の下での処方であれば、眼内レンズへの炎症などのリスクと副作用のリスクを比べた時に、眼内レンズへの炎症が起こってしまった場合の方がよりリスクが高いという判断をされたので現在の処方がされているのだと思います。 術後からかなり期間が空いていますので、一度投薬を切って様子をみるという選択も一つですが、万が一眼内に炎症が起こってしまった場合は治療は難しくなりますし、場合によっては失明や眼球摘出の必要性などが出てくることもあります。 一度どのような考えの下で現在の点眼薬が処方されているのか、一度担当の獣医師としっかりと相談してみることをお勧めします。 しっかりとした理由がなく処方されている場合は、他の眼科専門医を受診されてセカンドオピニオンを伺った方が良いと思います。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
こちらに返信ください。
最初に質問した内容への返答はいただけませんか?

犬 についての関連する質問