JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは、加藤と申します。14才のコーギーオスを飼っています。リンパ腫にかかり手の施し様がないと診断されました。食

解決済みの質問:

こんばんは、加藤と申します。14才のコーギーオスを飼っています。リンパ腫にかかり手の施し様がないと診断されました。食欲はまだあるのですが口の中に出来物があって食べる度に出血します。このまま見守るしかないのでしょうか?何かしてあげられることは出来ないのでしょうか?宜しくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
口の中にはリンパ腫はほとんどできませんが、口の中は本当にリンパ腫なのでしょうか?
また、全身のリンパ腫では手術ではなく抗がん剤の治療が一般的ですが、そのあたりの治療に関しては何も言われていませんか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
口腔メラノーマの様な感じです。老犬で抗ガン剤や麻酔は投与できません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。
そうなるとメラノーマの転移で全身が腫れているのか、メラノーマとリンパ腫が同時に出ているのかどちらかわかりますか?それによって治療がかなり変わります。
高齢だから麻酔のリスクが高くてできないということはありますが、抗がん剤に関しては種類によっては可能ですよ。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
もしわからなければその旨返信ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
体じゅうしこりだらけですし、やせ細り肋骨や背骨が目立ちお尻の肉もありません。とても抗ガン剤を投与する状況ではありません。今は出来物の反対側で餌を食べさせていますが、出血します。おしっこは外にだっこして連れて行き、何とか立たせてさせてます。普段はオムツをしてます。病院からは見放されて見守ることしか出来ませんがこれからどんな状況になるのか心配です。気掛かりなのはもう一頭の2才のミックス犬が出血してる口を舐めることで健康を害するのではと心配してます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
そうですか。
まず、人でもそうですが、ワンちゃんでも感染する腫瘍はありません(厳密には可移植性性器肉腫といわれる腫瘍がありますが、昔の病気であり、日本では最近の発症はありません)。
ですので、メラノーマにしても、リンパ腫にしても、他の腫瘍にしても、2歳の子が口をなめて腫瘍がうつることはありません。
また、たとえ腫瘍が自壊してそこに感染を起こしていたとしても、そこに感染をするのは通常常在菌と言って普段どこにでもいるような菌ですので、それが移って何か問題になることはないです。
ですので、そのあたりの心配は一切いりません。
それから、小太郎ちゃんに関してわたしも無理に治療をして余計にしんどくなってしまうということは避けるべきだと考えています。
ただし、リンパ腫の場合は本当に状態が悪い子でも負担の少ない抗癌剤を使うことによって見違えるように元気になることがあります。
ですので、もしまた元気な姿を少しでも見たいということであれば、私は体のしこりがリンパ腫なのかどうかを調べて(これはしこりに針を刺すだけでわかります)、ステロイドやLアスパラギナーゼなどの負担の少ない抗癌剤をスタートするのは悪いことではないと思います。
ですので、弱っている=抗がん剤ができないというのは絶対にイコールではありません。
ただし、状態によってはできませんし、腫瘍の種類によっても効果があまり望めないです。
また、寛解と言って腫瘍の症状やしこりが一切消えてしまうことはあっても完治してしまいまったく寿命まで過ごせるということではなく、長くても1,2年で再発はしてしまいます。
ですので、そのあたりを考えて治療をしないというのであればそれは一つの選択肢です。
私は、実際に診ていないので、何とも言えませんが、状況によっては治療の価値はある可能性はあるということは頭に入れておいてもいいと思います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
他に何か聞きたいことはないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
始めはお腹にしこりがあるのに気がついて病院で診察してもらいましたがよく分からず別の病院(伊勢原の竹内病院)で検査したところリンパ腫と診断されました。血液検査からも常に貧血状態で麻酔や抗ガン剤には耐えられないだろうと言われました。病名が、わかっただけでも良かったと最後にうまい赤身でも食べさせたらと言われました。しばらくしてから口の中に血の塊の様な出来物ができて食事をするたびに出血がひどく毎回ティッシュを一箱近く使用するぐらいです。これからどんな症状か出てくるのか不安です。最後まで見守るしかないと思いますが呼吸困難になったり苦しがったりした場合どうすればいいのでしょうか?病院に連れて行けば何か対処してもらえるのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
変んありがとうございます。
正直なところ今何かできないのであれば、調子が悪くなった時に同行できるということは難しいです。
なんども言いますが、抗がん剤と言ってもステロイドやLアスパラギナーゼはそれほどきつくなく、それほど負担なくある程度リンパ腫であればガンを抑えることは可能です。
ですので、かなり状態が悪くなる前にそれらを使う方が現実的だと私は思います。
やはりそれでも抗がん剤を使うのには抵抗がある場合は、もしそういう状態になった場合
1.痛み止めを使う
2.酸素室に入れる
などができる限界だと思います。
その子によってかなり苦しむ子もいますが、どちらかといえば徐々に弱ってそのまま亡くなる子が多いです。
あまりに苦しむ場合は睡眠薬で寝てもらったり、場合によっては安楽死を選択される飼い主さんも多いです。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問