JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

japavetに今すぐ質問する

japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

5歳のトイプードルの女の子(体重2.6k)です。先月の6日から左前足を上げて3本足でケンケンして歩くようになりました

解決済みの質問:

5歳のトイプードルの女の子(体重2.6k)です。先月の6日から左前足を上げて3本足でケンケンして歩くようになりました。すぐにかかりつけの病院で観てもらいましたが、原因がわからず痛み止めを1週間もらいました。それでも変わらず3日後に電話しましたが、安静にしているしかないと言われたので、様子を観ていましたが、一向に良くならず、病院の院長先生に観てもらいました。その時はしっぽも降るし、もしかしたらかまってほしくて仮病みたいなものかもとのことでしたが、やはり良くならないし、痛いようなので、もう一度病院に行きました。その時もステロイド、筋肉を和らげる薬、胃薬を1週間分いただいて、それで変わらないようならMRIやCTの検査をしに行ったほうがと言われました。やはり良くならず1日の日にMRI.CT脳脊髄液・関節液も取り調べましたが、これと言う病変がなく、ただ左脇奥に1.5cmほどリンパ節が腫れている事が解りました。でも何で腫れているのかが解らず、今日病院に行って左脇のリンパは奥のほうなので取れないので、肩のところも少し腫れているのでそこの部分を採取出来たので検査に出すことになりました。先月の26日にCRPの検査をしたのですが、5.2で、炎症反応があったようです。
何か思い当たるような病気はありますか?
もし心あたりがあるようなら教えていただければと思います。
すみませんがよろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
肩のところの腫れというのはリンパ節でしょうか?
また、それは同じ足側ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
はい。そうです。左前肩で同じ足側です。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
肩の部分にはリンパ節はないですが、本当に肩のリンパ節ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
肩のリンパ節?腫れてるところと言ってました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
何度も聞いて申し訳ないですが、肩の部分はリンパ節といわれたのですか?それとも単に肩の部分が腫れているので、その部分に針を刺して細胞を見ましょうということになったのですか?
重要な部分なので、正確によろしくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
肩の部分にはリンパ節はないですが、本当に肩のリンパ節ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
脇の下はリンパ節と言われましたが、肩も少し腫れているので、針を刺して細胞がきちんと取れたので、検査に出すとおっしゃってました。
はっきりせずすみません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
まず、リンパ節は脇の下(腋窩リンパ節)と首の下あたり(人で言う鎖骨のあたり=浅頸リンパ節)にあります。
ですので、浅頸リンパ節の部分がもし腫れていたのであれば、複数部分のリンパ節が腫れているということになりますので、リンパ腫の可能性が高くなります。
こちらはその細胞の検査でわかります。
それから、そこがリンパ節ではなく、皮膚や皮下の部分であった場合はその部分の炎症もしくは腫瘍があり、その炎症がリンパ節に波及した、あるいはその腫瘍がリンパ節に転移をしたということになります。
これらもおそらく細胞でわかるでしょう。
ですので、まず肩の部分がリンパ節であったのであれば
リンパ腫が一番疑わしくなり、リンパ節炎の可能性もあるでしょう。
肩の部分がリンパ節でなかった場合は
炎症;異物が刺さっている、もしくは何かにされたなど
腫瘍:肥満細胞腫、血管肉腫、血管周皮腫、扁平上皮癌、繊維肉腫、皮膚型リンパ腫などの悪性腫瘍
といったことが考えられます。
これらは血液検査やCT,MRIでもわかりません。
腫瘍でもCRPは上がるので、CRPが高いから腫瘍ではなく炎症だということではありません。
これらの病気で足のびっこにつながることは多くはないですが、炎症や痛みからそうなっている可能性もあります。
骨や関節の病気であればほとんどCTとMRIでわかりますので、おそらく今言ったような病気が疑わしいです。
とりあえずは細胞の検査を待たないと確定的なことは言えません。
炎症であれば消炎剤や抗生剤、腫瘍であればその種類によって手術や抗がん剤などの治療になります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
的確なご回答ありがとうございました。
検査の結果を待ってみます。ありがとうございました。治る病気だと願います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですね。
炎症などであることを私もお祈りしています。
お大事にどうぞ。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問