JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

シーズー(オス)13才7ヶ月 11/27(木)の夜から急に嘔吐を繰り返し、急に立ちあがれなくなるほど ぐったりと

解決済みの質問:

シーズー(オス)13才7ヶ月
11/27(木)の夜から急に嘔吐を繰り返し、急に立ちあがれなくなるほど
ぐったりとしました。
翌日、朝一でかかりつけの動物病院に連れて行き、血液検査を行ったところ
下記の結果がでました。黄疸が出ており肝臓が悪いと言われましたが、
具体的な原因を不明とのこと。
・ビリルビン 2.3  ・AST(GOT) 240  ・ALT(GPT) 775
・ALP 2814  ・クレアチニン 1.5  ・アルブミン 2.6
・アンモニア(NH3) 34  ・白血球数 37200
・赤血球数(RBC) 900  ・ヘマトクリット値 59 等々
先生からは水分補給で様子を見ましょうとビタミンを含んだ点滴をその日から
毎日続けることになりました。翌日、別の病院でセカンドオピニオンをお願い
しましたが、同じく原因不明との診断。腎臓の数値もよくないと言われましたが、
前日の病院を同じ点滴で様子を見るしかないと言われたので、
元のかかりつけ医に戻り、点滴を続けました。
犬の様子としては、点滴を打ってからは少し元気を取り戻し、自分で水も
飲めるようになり、おしっこも一日4回ぐらいしています。
おしっこの色は黄疸の症状が出ている時の色から変わりありませんが、
ぐったりとしている様子がなくなったので、少し安心していました。
しかし、11/27から食事は一切受け付けていません。
9キロ少しあった体重は現在8.4キロ。
今日(12/3)も朝一で点滴を打ちに行きました。日中変わりありませんが、
先ほど(21:30頃)おしっこに行ったかと思ったら、おしっこの後に血尿を
出していました。尿の切れが悪いのかポタポタ続き、ティッシュで拭いたら、
少し粘り気のある血の塊も見られます。
明日、また朝一で病院に行こうと思いますが、抗生物質も肝臓に負担がかかるとの
ことで投与もなく、強肝剤(?)も負担がかかるとのことで、治療らしきものが
みられず不安です。別の病院を再度あたろうかとも考えていますが、どうしたらよいのか
不安でたまりません。先生方の見解をお聞かせいただけないでしょうか?
血尿は緊急として至急夜間病院に走るべきでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
確かに肝臓の数値はかなり高いですね。
急性の肝障害の原因としては
中毒、胆のう粘液嚢腫、膵炎などがありますが
1.何か変なものを食べてしまった可能性はないですか?
2.エコー検査で胆のうや膵臓には異常がないといわれていますか?
3.リパーゼやCPLIなどは血液検査で調べていますか?
もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
1.11/27の嘔吐が始まった前後はいつものドックフードのみで、なんか変なものを口に入れた様子はありません。
2. エコー検査委も行いましたが、腫瘍らしきものも見えないと言われました。
3. すいません、リパーゼやCPLIが検査表のどの数値にあたるかわからないので、二件目の病院の血液検査の
数値を書かせていただきます。
GLU-PS 116
TCHO-PS 450
GOT-PS 121
GPT-PS 1000
ALP-PS 3500
ALB-PS 2.6
BUN-PS 51.2
CRE-PS 1.8
Ca-PS 13.6
cCRP-PS 7.0  11/28実施の検査
いかがでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
追加です。
WBC 3.49K/uL
NEU 25.69K/uL
MONO 5.25K/uL
BASO 0.21K/uL
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
やはり血液検査の結果からは胆のう粘液嚢腫や膵炎でも同じような結果になります。
腫瘍であれば普通は慢性経過をたどるので、そこまで急性であれば、肝炎、膵炎、胆のう粘液嚢腫のいづれかかと思います。
胆のう粘液嚢腫は基本的にはエコーでわかりますが、そのエコーの機械の制度や施術者の技術によってはわからないかもしれません。
膵炎はcPLIやリパーゼで大体診断はつきますが、どちらも行っていないようですね。
これらがなければ急性肝炎ということになるかと思います。
まずはしっかり胆のう粘液嚢腫と膵炎の除外診断を子なってもらうべきでしょう。
それから、それがあればもちろんそれの治療、なければ急性肝炎の治療をしていくことになりますが、どちらにしても入院が必要になる可能性が高いです。
胆のう粘液嚢腫であれば手術が必要になります。
今の血尿に関しては、関係なく膀胱炎などから出てきた可能性間おりますし、肝障害から出血傾向(血が止まりにくくなること)を起こして出てきているかもしれません。
セカンドオピニオンも兼ねて夜間病院にいかれることをお勧めいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
体重も落ちてきたので、少しでも食べるようならと、
医師の指導で、昨日から老犬用のミルクを少しあげています。
それも良くなかったのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
ミルク低脂肪のものでなければ、もし膵炎があるとあまりよくないかもしれません。
膵炎の場合は高脂肪のものは基本低に禁忌です。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問