JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

本日、ワクチンを打ちに行ったときに、10歳になるミニチュアダックスの愛犬に心不全があると言われました。 1~6で言

質問者の質問

本日、ワクチンを打ちに行ったときに、10歳になるミニチュアダックスの愛犬に心不全があると言われました。
1~6で言えば4くらいで、手で触って分かりますと言われました。
掛かり付けの病院なので信用はしておりますが、何の症状も無いので、もらったお薬を飲ませるか悩んでいます。
咳や食欲が無いなど、心不全の症状が全くありません。
レントゲンや検査は何にもしていません。
触診と音を聞いて判断となりました。
本当に心不全なのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
まず雑音がある時点で心機能がある程度落ちているのは間違いないと思います。
心雑音というのは、心臓の部屋を分けている弁がうまく働かない時に出てくる音です。
ただし、心機能が落ちていても、症状として表れてこなければ厳密には心不全ではありません。
少しややこしい話になりますが、心不全というのは心機能が落ちて何らかの症状が出てきて初めて分かるものです。
それから、現在、心臓のお薬を始めたほうがいい基準というのが少しずつ出てきました。
最近では左心房に負担がかかって来た場合は薬を始めるというのが一般的です。
心疾患の進行の仕方として
1.心雑音が聞こえ始める
2.左心房に負担がかかる(左心房拡大が認められる)
3.心不全の兆候が出てくる(咳、運動不耐性、呼吸数の増加など)
という風に進行することが多いです。
ですので、今が1の段階なのか、2の段階なのかによってお薬を飲ませるかどうか決めていくというのが、一般的な考え方になっています。
2なのかどうかはレントゲンあるいは超音波、もしくは最近では血液検査なども出てきていますが、これらのどれかの検査をしないとわかりません。
以前は雑音の程度によって決めるという方法もあり、その場合は6段階中4番目であれば薬を始めることが多かったですので、お薬を始める時期の可能性は高いと思いますが、できればレントゲンや超音波で左心房の状態を見てもらったうえで判断される方がいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
http://www.saitamahaku-vc.com/dogs-heart-disease.html
こちらのHPに僧房弁閉鎖不全症のステージが載っていますね。
この中でb2以降で薬を始めることが多いです。
b1に関しては現在意見が分かれていますが、飲ませて悪いということはないでしょう(必要性に関しての意見が分かれています)
質問者: 返答済み 1 年 前.

レントゲン検査をしてもらおうと思います

因みに、心不全はお薬を飲んでいても進行するのでしょうか?

ワンちゃんによっては症状が出ないままでいる子もいるのでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、心不全に関しては治せるものでもないですし、進行を完全に防げるものでもありません。
人の心不全でも同じですので、同じだと思ってもらっていいでしょう。
ただし、今書状がないのであればそのままいい状態を保って数年元気で生きれることもあります。
やはり左心房に負担がかかっていればしっかり薬を飲む必要はありますので、検査をしてもらってください。

犬 についての関連する質問