JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10歳女の子です。シェルティーとハスキーの雑種です。3週間ほど前に脾臓摘出手術をうけました。述後体温が35度くらいか

解決済みの質問:

10歳女の子です。シェルティーとハスキーの雑種です。3週間ほど前に脾臓摘出手術をうけました。述後体温が35度くらいから上がらず1週間後37.6度となったのをきっかけに退院しました。その後計測していませんがどうも体温が低いようです。早朝5時に散歩をしますが、排尿,排便の後歩くスピードが少し遅くなります。1日4回ほど散歩に出ますが30分をこえると散歩のスピードが落ちます。
体温上昇させる方法は何かありますか。お教えください。なお組織検査は良性の血腫とのことでした。食欲はとてもあります。よろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんにちわ。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
それは心配ですね。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
甲状腺ホルモンははかられたことはありますか?
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
わからなければ、わからなくて構いませんので、お返事お願いします。返事をしただけで費用はかかりませんので。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信いただけていませんが、先に回答いたします。
まず、症状は低体温と疲れやすいということになります。
特に高齢の子で、術後にそういう症状が出るというのは一番多いのは、甲状腺機能低下症です。
これは代謝をよくするためのホルモンが不足する病気で高齢の子に多いです。
この病気は軽いものではあまりわからないことも多く、術後の低体温や元気消失で初めて分かることもあります。
また、同じような病気として副腎皮質機能低下症(アジソン病)というものもあります。
どちらも症状が一致はしますし、血液検査でわかりますので、検査しておいてもらったほうがいいでしょう。
それから、他には心不全や腎不全などの一般的な病気でも低血圧を起こし同じような症状が起こることもあります。
術前は大丈夫でも麻酔によってこれらの病気が出てくることもあるので、術後に一度も検査をしていなければ一度はしっかりしておいてもらう必要があるでしょう。
良性の腫瘍であればそのせいで今の症状が出てくることはまずないです。
また、体温が低いことも改善しなければなりませんが、そもそも病気がないのに、術後2,3日を過ぎても体温が上がらないということはありませんので、体温を上げる方法ではなく、原因を探るのが一番です。
もちろん体温を上げる方法としては暖かくするとか、服を着せるなどの方法以外にも、タンパク質を多くとらせる(アミノ酸は体温上昇の作用があります。肉食の欧米人が日本人より体温が高いのはそのせいといわれています)なども効果はありますが、とにかく原因を探る必要があります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問