JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

愛犬、メス11歳の右脇が腫れて、それとは別に小さなボツボツが帯状にできています。右前足をびっこを引いて痛がっています

解決済みの質問:

愛犬、メス11歳の右脇が腫れて、それとは別に小さなボツボツが帯状にできています。右前足をびっこを引いて痛がっています。獣医で細胞診検査をして、癌ではないという結果ですが大きくなっているので心配です。何科に行けばいいのでしょうか?またリンパ腫では?と考えています。
アドバイス宜しくお願いします。現在、抗生剤で治療しています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
もう少し詳しく教えていただきますか?
最初の症状はいつから、それから何から始まりましたか?
できるだけ順序を追ってお願いします。
小さなぼつぼつとは具体的にどこに出来ていますか?
右わきは脇のリンパ節ですか?細胞診の結果は癌でないということですが、何といわれましたか?
質問が多くて申し訳ありませんが、しっかりしたお答えをするためにわかる範囲で結構ですので、返信お願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お世話になります。
10日ほど前から足をびっこを引いていたので足を細く見ていました。足は何でもないようだったのですが、抱っこした時に腫れと、ボツボツを見つけそこを触ると痛がりました。ボツボツは前足の付け根に沿ってできています。その5mmくらい胸よりに4cm位の腫れと2cmくらいの腫れがあります。
細胞診で針を刺した時に透明の液体が出て腫れが小さくなりましたが、昨日からまた大きくなっています。検査の結果は癌ではないというだけでした。
右脇のリンパかよくわかりません。
抗生剤は最初の10日と現在は種類が違います。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
だいぶ状態のほうがわかりました。
まず、癌であった場合には基本的に体の中心へ向かって転移を起こします。
ですので、もしガンであれば
①ぶつぶつが癌の本体で、その胸よりにあるものが転移の可能性が高いです。
もしくは
②大きなものが癌で、炎症を起こすような腫瘍ということも考えられます。
他には
③癌でなくて足の炎症や感染ということも考えられます。
先に③のお話をすると、脚を蛇などに噛まれた場合、もしくはけがをしてそこにばい菌が入った場合、脚が腫れたり、ぶつぶつができることがあります。
その場合にわきにあるリンパ節(これは通常は一個ですが)が炎症で大きく腫れることもあります。
①に関してはぶつぶつを起こすような腫瘍(扁平上皮癌など)では痛みを強くおこすことがあり、また、リンパ節へ転移をして腫れてくることもあります。
この場合は時に2個腫れるように見えることもあります。
皮膚型リンパ腫といわれるものでも同じようになることがあります(ただし、皮膚型リンパ腫は比較的まれな腫瘍です)。
通常針を刺した検査である程度分かることが多いですが、わからないこともあります。
②に関しては肥満細胞腫では炎症物質を多く含むので、それにより痛みと周りの皮膚の炎症を起こすことがあります。ただし、肥満細胞腫は針を刺しての検査でわかることがかなり多いです。
まずは外傷や感染によるものかどうかは普通は身体検査をしっかりやればわかります。
それでわからなければやはり針を刺す検査に進むので、やっていることは間違っていないと思います。
リンパ腫の可能性はありますが、一般的なリンパ腫の症状とは少し違いますので、比較的珍しい皮膚型リンパ腫の可能性があるということになります。
基本的にはやはり腫瘍科で診てもらうことになりますが、腫瘍科を専門にという病院は少なく、腫瘍を得意としている獣医がいるという病院がほとんどです。
もちろん腫瘍科がある病院がわかればいいですが、わからなければまずは腫瘍を得意にしている病院や口コミでいい病院を探す、もしくはこちらの獣医がん学会のHPから資格取得者のいる病院を探して行ってもらうのもいいでしょう。
http://www.jvcs.jp/certification/acquisitor/index.html
セカンドオピニオンは必ず受けられた方がいいかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました。ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、お大事にどうぞ。
他に聞きたいことは大丈夫ですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
もし、癌でしたら助からないですよね?
足は異常がないようです。ボツボツと腫れを触ると痛がるので。
早速、セカンドオピニオンに行きます。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
助からないという表現が何を指すかにもよります。
癌であればすでに転移をしている可能性が高いので、完治は望めないという意味ではその可能性がかなり高いです。
ただし、リンパ腫や肥満細胞腫であればかなり薬が効きますので、症状が完全に消えてそこから1年以上元気に生活できる子もいます。
ただし、早めに診断治療の必要はあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました‼︎
今年3頭亡くしたので怖いですが、教えて頂いたサイトより病院を探しています。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
はい、そうしてください。
まだがんとは決まったわけではないですし。
いい治療法が見つかることをお祈りしています。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問