JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1歳のトイプードルです。1か月ほど前から左後ろ脚を床につけずに3本の足で立っていたり、餌を食べるときも脚を浮かせてい

解決済みの質問:

1歳のトイプードルです。1か月ほど前から左後ろ脚を床につけずに3本の足で立っていたり、餌を食べるときも脚を浮かせています。抱いた時にその脚を引っ張ると痛がります。最近は特にひどく、歩くときは、3本脚で左後ろ脚が床につかないように歩いたり、走るのも3本の足で走ります。脚の裏を触ると痛がったり、脚の付け根を触っても痛がったりします。考えられることはどういった病気などがありますか。また、どのような治療が必要で、治りますか?よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。ご質問ありがとうございます
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。ご質問ありがとうございます
質問者: 返答済み 1 年 前.

言われていません。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、返信遅れました。
症状と犬種からは大きく二つのことが考えられます。
1.大腿骨頭壊死
これは股関節の大腿骨先端の骨がとけてくる病気で、小型犬の若い子に多いです。
症状は股関節痛と足をかばう症状で、初期にはレントゲン上の異常が認められません。
2.膝蓋骨脱臼
いわゆる膝のお皿の脱臼で、トイプードルさんには非常に多いです。
症状としては足を一本だけ使わないことが多いです。
外れたり入ったりすることが多いので、入っている時に撮るとレントゲンでは異常は認められません。
若い小型犬の子であれば90%以上このどちらかと思います。
どちらも手術とリハビリが必要になることが多いですが、完治できる子は多いです。
一度整形外科の得意な病院で見てもらったほうがいいでしょう。
返信おくれて申し訳ありませんでした。
質問者: 返答済み 1 年 前.

自宅は、三重県伊賀市にありますが、整形外科の得意な病院はどこがありますか?教えていただければありがたいのですが。よろしくお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
伊賀市ではなさそうです。
車で1時間くらいにはなりますが、奈良動物医療センターhttp://www.yoshida-vets.com/center/special/は外科を得意としており、膝蓋骨や股関節の手術もされています。
遠いですが一度行ってもらう価値はあるでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問