JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

オス11歳10カ月 9月から軟便下痢です。体重20kgから18Kgになりました。 9月までは、ころころな便でした。

解決済みの質問:

オス11歳10カ月 9月から軟便下痢です。体重20kgから18Kgになりました。
9月までは、ころころな便でした。
野犬に咬まれ(かすり傷)動物病院で診察し抗生剤を注射した頃からです。
ドックフードも消火器サポートに変えています。
体系が痩せてきましたが、食欲は以前よりあります。水もたくさん欲しがります。
このまま続けても良いのでしょうか?病気の疑いはないのでしょうか?
対処法はよいのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
11歳のワンちゃんで軟便が続いているとのことですね。また体重の減少もみられるとのことですね。
少々お尋ねしたいのですが、
この問題は主治医の先生に相談済みなのでしょうか?その対処として消化器サポートにされたということでしょうか?
消化器サポートにされてからも体重の減少は続いてますでしょうか?
基本的なことですが、検便や血液検査はされてみましたでしょうか?またその結果はどのようなものでしたでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早々の返信ありがとうございます。
検便と尿検査は行いました。問題なしでした。
血液検査はしていません。消化器サポートに変更も知っています。
医師は様子を見てくださいとのことです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
狂犬病ワクチン接種も大丈夫と言われています。
専門家:  issafd3s 返答済み 1 年 前.
ご返事ありがとうございます。
消化器サポートにされて軟便で、体重の減少が止まらないということであれば、まだ重症ではないにせよ異常があると考えられた方がよろしいかと思います。
普通の状態であれば下痢や軟便はしないですし、体重顕著に減少することはないと思いますので。
検便や尿検査はされて、主治医の先生によると異常はないとのことですね。
しかし、軟便で体重も減少していることから便の状態は異常ありだと思います。
下痢や軟便の症状が2週間以上間欠的にせよ続いていることから、慢性的な下痢に属します。
大きく分ければ、消化器性の疾患か、それ以外の内臓疾患かということになると思います。
消化器疾患であれば、まずは血液検査やレントゲン、腹部のエコー検査をされてみて、異常がないか探すことから始めることになります。
消化器以外の内臓疾患の場合でも腎臓病、膵炎、肝臓病などで下痢や軟便が生じることもあります。これらについてもまずは血液検査が検査の入り口になると思います。
また検便は1回だけでは病気の原因を見落とすこともあるため、繰り返し3回以上はされてみられることをお勧めいたします。
まずは、いつまで様子を見続けてよいかを主治医の先生に相談されてみて、検査のタイミングはどの辺りなのかを確認されることをお勧めいたします。
私は、軟便が続いており体重減少が止まらないのであれば、様子を見ていないで、はやめに検査をされることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問