JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

皮膚が黒くなり、先生に相談をして、血液検査をしました。 0.80と数値が高く、2週間後に血液検査をしを、またして、

解決済みの質問:

皮膚が黒くなり、先生に相談をして、血液検査をしました。
0.80と数値が高く、2週間後に血液検査をしを、またして、
それでも高いようなら、大学病院で、検査を、
以前も皮膚癌から肺癌になり、1年で、3度も手術をしましたが、なくなりました。
甲状腺にもし癌となれば、どんな治療が、 又精密検査は、エコーCT とかですか、
抗がん剤 放射線治療とかもするのでしょうか。
パグ 9歳5か月です、 宜しく御願致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
おはようございます。
ご質問ありがとうございます。
その数値は甲状腺の数値ですか?
また、低い場合は通常がんは疑いませんが、甲状腺のあたりにしこりがありのでしょうか?
もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
即お返事有難うございます。
1日前に、総蛋白~血糖の15項目は異常なしで、
皮膚が黒くなり。甲状腺ホルモン検査の数値が、0.80でした。
サイロキシンが2.30 でした。 触手でか、素人には感じません、先生は血液検査の数値だけの、返答でした。
血液検査の結果を聞きに行き。犬は連れて行っていません。今思えば触診が無いもが、疑問ですね、
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
甲状腺ホルモンの値が0.80というのは具体的に検査項目名はわかりますか?
甲状腺ホルモンの数値は
サイロキシン(T4)以外にfT4、T3、TSHなどがあり、どの項目を指すかによって変わってきますので。
質問者: 返答済み 1 年 前.
有難うございます。
検査用紙には。C-甲状腺刺激ホルモン
C-サイロキシン     と書かれていますが。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
そうですか。
少しややこしいかもしれないですが、まずその検査の意味を書きますね。
甲状腺ホルモンは視床下部といわれる部位からの甲状腺刺激ホルモンによって甲状腺から分泌されるほるもんです。
ですので、今の状態は視床下部からの刺激ホルモンはたくさん出ているのに、甲状腺が反応していないために、甲状腺ホルモンがそれほど高くないという状態であります。
甲状腺ホルモンにはサイロキシン(T4)と遊離サイロキシン(fT4)というものがあります。
実際にホルモンとして機能しているのはfT4といわれ、先生によってはfT4の測定を推奨している先生もいます。
今のところ、どちらのほうがいいかというのは報告によって変わっていますが、両方とも図る方が、確実性は高いです。
T4が正常でもfT4が低下していると甲状腺機能低下症の症状を引き起こします。
皮膚が黒ずむのも甲状腺機能低下症の症状の一つではあります。
それから、視床下部は甲状腺ホルモンのネガティブフィードバックというのを受けています。
これは甲状腺ホルモンが多くなると、刺激ホルモンが少なくなり、逆に甲状腺ホルモンが低下すると、刺激ホルモンが多くなるということです。
ですので、fT4が減っていると、刺激ホルモン分泌が多くなって今のような数値になっている可能性があります。
刺激ホルモンが出ていても甲状腺機能低下症では甲状腺が反応しませんので、T4やfT4は上がってきません。
ですので、甲状腺機能低下症の典型的なものは
甲状腺刺激ホルモン 増加
サイロキシン(T4) 低下
fT4 低下
などということになります。
T4のみあるいはfT4のみ低下する子もいます。
ですので、今の症状は私は一般的な甲状腺機能低下症なのではないかと思います。
その場合は甲状腺ホルモンの補充療法が有効です。それだけで問題ありません。
ですので、まずは次回に再度刺激ホルモンとサイロキシンに加えて、遊離サイロキシン(fT4)も測定してもらってください。
それで正常値でも低めであれば試験的に甲状腺ホルモンの飲み薬を飲ませてもらっていいでしょう。
もしT4もfT4も異常がない場合はもしかすると、副腎皮質ホルモンが低下して、そのせいで視床下部にフィードバックがかかっている可能性もあります。
副腎皮質ホルモンのチェックもしてもらっていいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問