JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1212
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

チワワ(オス11歳・去勢済み)について相談させて下さい。 今年に入って僧帽弁閉鎖不全症と、肝臓の数値(ALP)が高

解決済みの質問:

チワワ(オス11歳・去勢済み)について相談させて下さい。
今年に入って僧帽弁閉鎖不全症と、肝臓の数値(ALP)が高いと診断され
それぞれ薬を処方されて継続服用させています。
先日獣医さんにエコー検査を勧められ、血液検査と一緒にやって頂きました。
結果、心臓の方は薬によって進行が抑えられているようなのですが
ALPの数値が2300と異常に高くなっており、GPT210とこちらも高めでした。
また脾臓に液体のようなものが見受けられると言われました。ウルソを飲んでいるので、胆泥はきれいだと言われました。
また、肝臓全体に変性・炎症が見受けられるとのこと。
その日は今までの薬に加え、へパアクトというアプリを1日1回追加で、フードを
ロイヤルカナンの消火器サポート(低脂肪)に変更し、年末に副腎のホルモン検査も含め
再度検査をしましょうということになりました。脾臓の摘出についても希望があれば出来ますよと言われました。先生の所見では、ガンという訳ではなさそうだとはおっしゃっていました。
11歳の老犬で心臓・肝臓に不安がある状態で、脾臓摘出手術に踏み切った方がいいのでしょうか。本人は食欲もあり腎臓も問題ないそうで元気いっぱいではあります。肝臓の変性にも不安がありますが、毎日そのことばかり考えて心配でなりません。
どうかアドバイスをよろしくお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確な回答が出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
回答させていただくにあたり、何点かご質問させてください。
・僧帽弁閉鎖不全症に対してはどのようなお薬を使用していますか?
・肝臓の数値(ALP)上昇に対するお薬は、ウルソのみでしょうか?
・僧帽弁閉鎖不全症の症状の程度はどのくらいであるかなどの説明はありましたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
僧帽弁閉鎖不全症の薬の名前は家に帰ったら見てみますが、1日一回飲ませるもので、この前の検査では、まだ今の段階では薬の種類を変えたりする必要はないと言われました。症状は初期~中期とのこと。モニター画像で血液が逆流した時の映像もみました。
Alpの薬はウルソを1日一回だけです。半年前に血液検査したときには1000は超えていませんでした。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
僧帽弁閉鎖不全症に関しては、比較的軽度であり、薬はACE阻害剤という血圧を下げる最も一般的なものではないかと思われます。
脾臓も心配ですが、最も気がかりなのは肝臓で、半年前でALP1000未満のものが2300、GPTも200オーバーとかなり高値であり、恐らく超音波での診断だと思いますが、肝臓全体に病変が見られるとのことから、肝臓のびまん性腫瘍などの可能性もあるのではないかと思われます。
脾臓に関しても、画像検査では決して確定診断はできないので、できればまずは脾臓および肝臓に対して体外から針を刺して細胞を採取する細胞診の検査を行って、どのようなものが疑わしいのかを検査されることをお勧めします。
体外からの細胞診であれば、麻酔をかけての開腹手術に比べ、かなり負担が少なく検査を進めることができる可能性があります。
また、年末での精査をお勧めされているようですが、腫瘍などであった場合はかなり短期間でも症状の悪化の可能性もあるので、考えられる検査があるのであれば、できるだけ早期に実施していただく方が良いと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。体外から針をさす検査もあるとのことで、それだとガンなのかどうか分かるんでしょうか。また、その検査は全身麻酔で行うんでしょうか。
本人は今のところ何の症状もなく元気なんですが、急変することもありえるんでしょうか。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
もちろん直接試験開腹を行って少量の組織を採取する方法や、腹腔鏡による組織採取などに比べると、取れる細胞の量も少なく診断の精度は下がりますが、余程動いてしまうなどがなければ、無麻酔でも十分に検査を行うことが可能です。
必用に応じて鎮静の処置を行って検査を行う場合もありますし、超音波検査を行う術者があまりエコーガイド下の細胞診に熟練していない場合には検査自体を行えない場合もありますので、一度かかりつけの医院にご相談されると良いと思います。
あくまでも1例ですが、肝臓全体にびまん性の病変が見られて、食欲元気などが十分にあっても、1ヶ月後にはエコーでも明らかわかるように腫瘍がボコボコになってしまって、ある1点から急に食べなくなってしまった例などは経験したことがあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
フード変更やサプリ投与でどうにかなるレベルでは無いと思われますか?何度もすいません。近所に高度医療センターがあるので、そちらに連れて行った方がいいでしょうか…
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
数値からはしっかりと原因特定を行った上で、できる対処を行ったほうが良いと思います。
フード変更やサプリの投与自体は悪いことではないので、続けておいても良いと思いますが、それだけで劇的な改善は難しいのではないかと考えられます。
近くに二次専門病院があるのであれば、今までの検査データなどもあるので、それらを含めて現在の病院で紹介状を書いていただいたから受診されるとよりスムーズに診察できると思います。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
少し不足でした。
できれば、近くに高度医療センターがあるのであれば、そちらを受診された方が良いと思います。その際に、紹介状があるとスムーズです。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
色々ありがとうございました。私も年末まで何もしないでいるのは嫌なので、まずはかかりつけ医に相談の上、もっと詳細な検査をして頂こうと思います。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
そうされた方が良いと思います。
また経過についてや新たなご質問等ありましたら、質問文にatlus302に回答を依頼する旨の内容を記載して指名していただければ再び私が回答させていただきますので、いつでもご相談ください。

犬 についての関連する質問