JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1287
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

先日、うちの犬が多飲、多尿ということで相談させていただきましたが、その後獣医さんに見て頂いたところ、空腹時の血糖が341

解決済みの質問:

先日、うちの犬が多飲、多尿ということで相談させていただきましたが、その後獣医さんに見て頂いたところ、空腹時の血糖が341もあって、糖尿病だということが判明し、さっそくインシュリン治療がはじまりました。今のところ、元気で落ち着いておりますが、今後インシュリンをやめることはできないのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
犬の糖尿病は副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)や膵臓炎といった他の病気が元となって起こっている場合を除いては、基本的には完治してしまう例は少ないので、食事療法とインシュリンの投与は生涯行っていく必用があるケースがほとんどです。
定期的な血液検査でインシュリンの投与量などは調節して減らせるような場合もあり、稀にインシュリンを休薬できる事もありますが、その場合でも極力血糖が上がりにくいように糖尿病用の療法食は必用となるでしょう。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問