JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1214
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

Atlus302さんに質問します。もともと心臓が悪く(雑音が確認されていた)腹水・胸水が溜って(触診で)食欲不振でほ

解決済みの質問:

atlus302さんに質問します。もともと心臓が悪く(雑音が確認されていた)腹水・胸水が溜って(触診で)食欲不振でほとんど、一日にハム2-3枚位しか食べない犬に、どの様な治療をされますか。普通食べないと栄養点滴だと思いますが、腹水・胸水が溜っていると、できないものなのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。

胸水や腹水の貯留があり、心臓が悪いという既往歴がある場合は、通常は可能な限り超音波検査で胸水、腹水の程度と心臓の状態を確認して、必用であれば利尿剤または穿刺により貯留液を抜去して呼吸困難に対する対処を優先します。

胸水や腹水の貯留があるという場合には、全身の循環が悪くなっている場合もあり、点滴を行ってもしっかりと吸収してくれなかったり、心臓により負担をかけてしまう可能性があるからです。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

回答ありがとうございます。腹水や胸水が溜っていると、食欲不振の原因になるのですか?そして、水が溜まっているからといって、点滴しないでは、食欲不振であれば、衰弱も進んでしまいまうよね?

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
軽度の貯留では食欲に異常のない場合もありますが、基本的に腹水や胸水が貯まる状態となるとかなり重篤な状態なので、食欲が落ちてしまう例がかなり多いです。

例えば腎臓などの数値が悪くどうしても点滴を行わなくてはいけない状況などであればある程度の点滴を行うこともありますが、そうでなければ通常の点滴はほとんどが水分で食事の代わりとなる栄養が含まれているわけではないので、お話の症状からはどちらかと言うと強制給餌のような方法を取られるのがベストではないかと思われます。
質問者: 返答済み 1 年 前.

回答ありがとうございます。強制給餌とは、むりやり口に入れて飲み込ませるという感じですか?素人でもできるものでしょうか?餌を見ても、顔を背けたり、関心を持たないような場合・・・

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
流動食をスポイトや注射器で歯の隙間から流し込むようにして舐めて飲んでもらうという方法なので、余程の食欲廃絶や吐き気があるような場合以外では一度やり方を見せていただいたら自宅でも十分に可能な方法だと思います。

そのような方法でもどうしても食べない場合には、あまり液量が多くならないように十分に注意してリスクを承知の上で中心静脈点滴を行い、アミノ酸や脂肪分などカロリーの含まれる栄養点滴の提示を行う場合もあると思いますが、基本的にはできれば行いたくない方法ですし、その他胃腸の問題なども考慮して制吐薬などを追加するなどの方法を試すのが先かもしれません。
質問者: 返答済み 1 年 前.

リスクというのは、心臓に負荷がかかるという事でしょうか?それから、心嚢水が溜まった場合もやはり食欲不振になりますか?

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。

リスクはやはり循環血流量が増えることでの心臓への負担ですね。

心嚢水の貯留の場合でも、胸水や腹水同様に食欲不振の十分な原因となると思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうごじます。また、何か思いついたら、ご質問したいので、よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 1 年 前.

すみません、心嚢水が溜っているというのは、レントゲンではかなり溜まる迄分らないのでしょうか、エコーだと、少し溜っていてもわかるのでしょうか?また、心臓の薬の服薬を途中でやめてしまった事で負荷が心臓にかかって、心嚢水が溜まってしまう事はあるのでしょうか?

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
レントゲンでは、かなり溜まってきて心臓の形が変わってしまうまでは心嚢水の貯留に気づけない場合もありますし、レントゲンのみでは確定診断をすることはできません。

エコーであればかなり少量の心嚢水貯留でも検出しやすく、早期に異常に気づけると思います。

どのような心臓のお薬かにもよりますが、基本的には途中ではあまり休薬は行わない方が良いです。

しかしながら、休薬が明らかに心嚢水貯留の原因となっているとは限らず、ほとんどは腫瘍や炎症、特発性の心嚢水貯留である事が多いため、因果関係ははっきりしないでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.

お薬は、クリーム色の錠剤を半分に割ったもので、朝晩18日間のんでいました。長い間飲んでいた訳ではないですが・・・止めて4日目でレントゲンで心嚢水貯留といわれました。

質問者: 返答済み 1 年 前.

お薬は、クリーム色の錠剤を半分に割ったもので、朝晩18日間のんでいました。長い間飲んでいた訳ではないですが・・・止めて4日目でレントゲンで心嚢水貯留といわれました。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
薬剤名がわからないと特定できないので詳細はわかりませんが、症状や以前の質問への投稿などから、抗生剤、ステロイド、利尿剤、血圧を下げる心臓の薬、ピモベンダンという心臓の薬などを処方されていたと考えられますが、それらの薬の中で急に中止することで症状の悪化(あくまで心臓の症状の悪化であって、必ずしも心嚢水貯留の原因とは限らない)を示すものとしては、利尿剤やピモベンダンなどが考えられるのではないかと思われます。

特にピモベンダンなどは投与を開始した後は基本的に生涯飲み続ける類の薬ですし、利尿剤は急に中止するのではなく、徐々に分量を落として最終的に休薬できれば理想的といったような使用法をすることが多いです。

また、推測ですが、クリーム色の錠剤であればステロイドの可能性もあると思いますが、ステロイドで炎症などを抑えていた状態で急に休薬してしまうことで、炎症のコントロールがつかなくなって、心嚢水が増えてしまったなどの可能性もあるかもしれません。
質問者: 返答済み 1 年 前.

中途半端な私の説明に答えていただいてありがとうございます。クリーム色の薬について先生は、心臓病と分かった時、まず処方される一番メジャーな薬という説明でした。利尿剤は、始め6日間処方されて調子が良かったのですが、腎臓に負担がかかるからと急に中止され、その後もくださいませんでした。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
心臓病と分かった時にまず処方される一番メジャーな薬ということであれば、恐らくは血圧を下げる心臓の薬であり、ACE阻害剤のうちのどれかで間違いないと思います。(細長くクリーム色であればフォルテコールというACE阻害剤かもしれません。)

基本的には、余程投薬が困難であったり、副作用として低血圧が出てしまったなどがなければ、中止せずに継続して投与を行っておくべきだと思います。

また、利尿剤に関しては、確かに腎臓に負担がかかる可能性もありますが、6日と非常に短期間で中止してしまうのは胸水や腹水がたまっているような状態では休薬までが急すぎるのではないかと思われます。

血液検査などで明らかに腎臓の数値が悪くなっているなどがあれば、仕方のない選択だったのかもしれませんが、検査も行わずに腎臓に負担がかかる可能性があるというだけで中止するのは症状からは少し同意しかねる部分です。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます。度重なる質問にも早く回答いただいて感謝しています。また何かありましたら、宜しくお願いします。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
またご質問ありましたらいつでもご相談ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.

すみません、思い出した事があります。血液検査で、白血球値と炎症反応が高かったのですが、心臓が悪くなると、それらが高くなるのでしょうか?

それを見た医師が、胃腸が悪いのではなかと言ってくれた抗生剤を飲んでから、よけいに食べなくなってしまったのですが。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
心臓の病気として一般的な僧帽弁閉鎖不全症などの無菌性に進行していく心臓病では、白血球値と炎症反応は基本的には上昇しないと思います。

感染性心内膜炎や腫瘍などがある場合には白血球値と炎症反応ともに上昇する可能性があると思います。

感染などにより炎症がある場合には抗生剤での治療でも良いかもしれませんが、腫瘍などが原因となっている場合には効果が得られない場合もありますし、抗生剤に限らず、どのような薬でも薬が合わないような場合は食欲不振などの不調が現れる場合があります。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございました。よく分りました。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
またご質問ありましたらいつでもご相談ください。

犬 についての関連する質問