JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

推定14~15才の去勢雑種犬です。 血液検査をしたところ次の結果でした。 異常値のみ記載します。 ALT 132 ALP 1303 Γ-

解決済みの質問:

推定14~15才の去勢雑種犬です。
血液検査をしたところ次の結果でした。
異常値のみ記載します。
ALT      132
ALP     1303
Γ- GTP     33.2
総コレステロール 640
中性脂肪     870
食欲は旺盛ですが、ヒルズの高齢犬用を適量の80%程度を与えています。間食はさせませんが、飼い始めて5年の間に体重は増加傾向が続き、当初より3Kg増えました。
なお、本年、尿結石により断尿になりカテーテルで導尿を2回行いました。現在はロイヤルカナンの療法食を与えており、その後尿は順調です。尿検査では特に問題はないとのことです。
健康診断報告書では、腫瘍、クッシング症候群等記載されおり心配でご相談申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
確かに血液検査の数値としては
クッシング症候群
甲状腺機能亢進症
高脂血症
腫瘍などが疑われます。
血液検査以外にエコー検査などはされていますか?
また最近水を飲む量やオシッコの量が増えてきてはいないですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
今回、エコーは行っておりません。今年当初に断尿した際にエコーで結石を確認しました。
以前から飲水は十分だった思います。今は結石用療法食を与えおりに飲水量が増えると聞いています。
尿もについても、計量したことはありませんが、以前から特に変化したとも思えません。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
そうなると、否定はできませんが、副腎皮質機能亢進症の可能性は高くはないですね。
腫瘍や副腎皮質機能亢進症はエコーでもわかることがありますので、エコー検査は必要です。
それから、他にはレントゲン検査やホルモン検査などもやってもらったほうがいいでしょう。
いまの血液検査からのみで何か診断が下せるわけではありませんが、明らかに異常値が出ているので、上の検査はしてもらったほうがいいでしょう。
レントゲンやエコー、ホルモン検査などはよほど暴れる子でなければそれほど強い負担にはなりませんので。
質問者: 返答済み 1 年 前.
そちらからの回答に照会がありましたので送信しましたがその後返信いただけません。よろしくお願いいたします。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
返信いたしましが届いていませんか?
再送いたします。
返信ありがとうございます。
そうなると、否定はできませんが、副腎皮質機能亢進症の可能性は高くはないですね。
腫瘍や副腎皮質機能亢進症はエコーでもわかることがありますので、エコー検査は必要です。
それから、他にはレントゲン検査やホルモン検査などもやってもらったほうがいいでしょう。
いまの血液検査からのみで何か診断が下せるわけではありませんが、明らかに異常値が出ているので、上の検査はしてもらったほうがいいでしょう。
レントゲンやエコー、ホルモン検査などはよほど暴れる子でなければそれほど強い負担にはなりませんので。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。ともかくエコー検査をしてもらい、併せてホルモン検査等も行うよう病院と相談します。肝臓のエコーはどこでも適正に読めるのでしょうか。ホルモン検査はどこでもできますか。
質問者: 返答済み 1 年 前.
送信をクリックしても届かないようです。下記のとおりですので、代理でお願いできますか?
「今回、エコーは行っておりません。今年当初に断尿した際にエコーで結石を確認しました。肝臓のエコーを読める獣医師を探す必要がありますか。
以前から飲水は十分だった思います。今は結石用療法食を与えており飲水量が増えると聞いていますが、計量しておりません。
尿もについても、飲水同様に計量したことはありませんが、以前から特に変化したと気づきません。」
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
肝臓のエコーに関しては、エコーの機械の良しあしや施術者の技術によってかわるので、どこでもというわけではありません。
わかりやすい場合はいいですが、わかりにくい場合は精度によって変わってきます。
ホルモンは基本的には採血してそれを検査センターに出すだけですので、どこでもそれほど変わりません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問