JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

CRPと糖尿病について教えてください。 7歳♀のポメラニアンです。7月中旬に血便があり、病院に行くと、熱も40度あったので即入院となりました。 12日間の入院で、その間の治療や

解決済みの質問:

CRPと糖尿病について教えてください。
7歳♀のポメラニアンです。7月中旬に血便があり、病院に行くと、熱も40度あったので即入院となりました。
12日間の入院で、その間の治療や検査の結果、自己免疫性慢性膵炎と診断されました。
退院後は2.6kgの体重が1.6kgになり、もともと食が細かったので現在は胃瘻にて強制給餌(ロイヤルカナン消化器サポート(低脂肪))し、現在は1.75kgまで回復しています。
7月下旬の退院後からはステロイドを毎日、8月中旬頃からステロイドを隔日とシクロスポリンを毎日で投薬しています。
9月下旬には外部検査のTLI測定で膵外分泌不全と診断されました。
直近の血液検査では、ALP 504、ALT 10、GGT 5、Glu 121、Lip 32、CRP 7.0でした。
退院後からCRP以外の数値は徐々に正常になってきているのですがCRPだけ6〜7を推移しています。自己免疫疾患はCRPは下がらないものなのでしょうか?
また、今の状況が続くと必ず糖尿病が発症すると考えておいたほうがいいのでしょうか?
お手数ですが、ご教授ください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
慢性膵炎があると必ず糖尿病が起きるわけではありませんよ。
今現在、食欲や下痢は収まっていますか?
また、アルブミンの数値は正常ですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。食欲は興味は示すのですが、療法食は食べるのを嫌がるので、今は胃瘻で強制給餌しています。
下痢は消化酵素を病院から処方されているので、茶色で硬い、いい便が出ています。アルブミンの数値は、直近の血液検査では測定されなかったのですが、8月下旬の測定では、Alb 2.5で正常値より0.1低い結果でした。ご回答よろしくお願いいたします。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
あと1点だけよろしいですか?
胃瘻チューブをつけているということは内視鏡検査で腸のリンパ腫などは否定されているということですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。腸のリンパ腫などが否定されているかどうかはわからないのですが、入院中に内視鏡検査をして、採取した粘膜(恐らく十二指腸)を消化管バイオプシーで7月下旬に検査して頂いています。
検査結果の病理組織学的診断書には、「検索した組織では粘膜表層部が主体となって採取されており、一部に十二指腸絨毛が含まれています。粘膜固有層では、びまん性に充血や出血が起こっており、粘膜に対する刺激が加わっているものと考えられますが、検索した組織では組織構造は保たれており、明らかな腫瘍や顕著な炎症性の病変は認められません。」とありました。すいません、素人なので的を得ている回答かどうかわかりませんが、ご回答よろしくお願いいたします。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
その結果なら9割がた大丈夫ですね。
残念ながら内視鏡検査では100%大丈夫とは言えませんが。
CRPが高い状態が続くということはやはり何かしら体の中で炎症を起こしているということになります。
それは自己免疫疾患でも炎症が治れば下がりますので、まだ炎症を抑えきれていないということになります。
なぜ抑えきれていないのかの可能性としては
1.膵炎の治療が不十分もしくは限界
2.腸のリンパ腫が隠れている(特に高分化型リンパ腫は内視鏡検査でわからず、試験開腹でわかったり、進行してわかることもあります)
3.それ以外にCRPを上げる原因がある(どこかに感染が隠れていたり、腹腔内腫瘍など)
ということがあげられます。
しっかり検査して3を否定できれば、2の可能性位を考えて少し軽めの抗がん剤を試験的に使ってはんのうをみるのもひとつです。
1に関しては何とも言えませんが、抗生剤の併用やタンパク分解酵素阻害薬の併用、ステロイド剤の増量なども効果があることがあります。
膵炎は人でも難治性になることがありますが、何か他に方法がないかどうかもう一度主治医の先生と相談してみてください。
内視鏡検査をして、胃瘻チューブまで入れてもらっているのであればかなりしっかりやってもらえる病院かとは思いますが、大学病院などでセカンドオピニオンを受けるのも一つではあります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございました。病院では内視鏡検査以外にもCT検査も行って頂いており、設備や対応はしっかりしている病院ではあると思います。今の段階では主治医からは腫瘍の可能性は特に指摘されていませんでした。シクロスポリンの効果発現が2ヶ月ぐらいと聞いていたのですが、2ヶ月経っても炎症値が変わっていなかったので不安になったことと、このまま炎症が続くのであれば必ず糖尿病になるのではないかと不安になりお聞きしました。
糖尿病になる可能性があることは覚悟していますが、必ずではないとのことなので少し安心しました。同じ薬を継続して2週間後にまた検査をして頂くことになっているので、その時点で変化がないようであれば他に方法がないか相談してみたいと思います。丁寧にご回答いただきましてありがとうございました。
また何かありましたらご相談させて頂きたく思います。

犬 についての関連する質問