JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

昨日13日午前、我が家の愛犬(ミニダックス・オス11歳6か月)が死にました。

質問者の質問

昨日13日午前、我が家の愛犬(ミニダックス・オス11歳6か月)が死にました。 死亡までの症状に納得がいかず、どうしてという思いですので原因が推測できれば教えてください。

愛犬には申し訳ないことをしたと後悔しています。 11日の日中一匹で留守番中、稲妻と雷に驚いて家の中で粗相をしました(一匹だけの時稲妻と雷があるといつもの事でした)。

その日の夕方の食事は一度食べ渋りましたが、いつも与えているチュウインガム半本とビスケット2個半を食べた後食事も食べ終わっていました。

その後私の晩酌のつまみである"餅切り揚げ"1センチ立法くらいのもの1個、せんべいの耳2ミリ×1センチ×2センチくらいのもの1個を喜んで食べて9時頃ケージで寝ました。 次の朝(12日)、いつもより30分くらい早く7時半ころ早く出せと鼻声でなき、吠えました。7時45分頃ケージから出そうとしたら、ケージ内に大きな大便を2個もらしていました(いつもは屋外で用を足させていました)。

その後、朝食を与えても食べようとせず、9時ころから少し吐いた後吐血と下血が始まりました。

心配だったが、どうしても外せない用があったため10時頃から12時頃まで、ケージ内に入れて外出しました。帰ったあとケージ内でも少量の吐血と下血を何度か繰り返しましたが、当日は祝日で動物病院が休みであったのと飼い主である妻の極力病院には掛らないという方針で水を与えたりして様子を見ました。

13日の朝6時半頃、ケージ内を覗くときちんと立って力強い目で私の眼を見ました。

回復してきているかなと少し安心していましたが8時前頃から横になり8時半頃から息遣いが激しくなりだしました。

9時頃からはけいれんのような息遣いになったのでいよいよダメと思い病院に電話し連れて行きました。

病院で症状を話し若干の処置を受けましたが心臓は動いているが体温が34度しかないのでもう駄目だろうということで家へ連れ帰り最後を看取りました。

後で医師から電話があり、吐血と下血が同時に起こるのは内臓に瘤のようなものがあり、それが破裂したのではないか、そうであれば12日に連れてきても処置のしようがなかっただろうといわれました。  犬で、このようなことはよくあることなのでしょうか。

11日まで元気でいたのに突然の出来事で自分の気持ちに整理がつかず、愛犬に申し訳ない気持ちでいっぱいでいます。  過ぎたことですが、症状の原因について専門家としての考えを教えて頂ければ少しは気持ちに整理がつくかと思っています。  よろしくお願いします。         北海道****市  ****

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
11歳のM.ダックスの力丸ちゃんが吐血と下血をしてお亡くなりになったということで、その原因として何が考えられるかということですね。
少々お尋ねしたいのですが、
吐いた血の量は多かったのでしょうか?
下血というのはどのような感じでしょうか?肛門から赤い血が主に出てきたのでしょうか?
それとも赤色の下痢便をしたという感じでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

吐いた血の量は尿パットの上に薄く直径7~8センチで5~6回だと思います。下血は肛門から赤い血が出てきました。こちらは吐血よりも量は多く回数は6~7回くらいだったと思います。動物病院で肛門に体温計を挿しましたが、抜いた体温計は真っ赤になっていました。

ー以上返答いたしますー

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
通常肛門から赤い血が出る場合は大腸炎(肛門に近い腸管、便を溜めておくところ)による粘膜からの出血のことが多いですが、その場合出血の量はそれほど多くはないです。
今回のように多量に肛門から血が出る場合には胃や小腸からの多量の出血が考えられます。出血量が少ない場合には胃や小腸などの上部消化管からの出血では時間が経つと血液が酸化されるため、肛門から出てくるころにはタール状の黒いどろっとした便になることが多いです。
しかし今回の力丸ちゃんのように多量に出血した場合には出血した血が酸化される間もなく肛門に達するため、血の色のままでくるようになります。
また出血部位が胃や十二指腸などの場合にはその血が口からも出てきます。
このようなことから、今回の力丸ちゃんの場合、胃や十二指腸から多量の出血がおきて、その結果吐血と下血になり、低体温にもなっていることから循環血液量減少性のショックが起きた可能性が高いと思います。
消化管からの多量の出血がおきる場合、たしかに血管肉腫などのある種の腫瘍がはれつしたことによって多量の出血がおきることもありますし、犬の場合ときどき出血性胃腸炎という急激な上部消化管の出血性炎症が原因で多量に出血をすることもあります。
出血性胃腸炎の原因は不明なことも多いですが、芽胞菌などの細菌増殖がみられることもしばしばあります。
この病気の場合、消化管からの急激な炎症性の出血がおきて消化管の局所的な脱水がおきますので、すぐに処置をしませんと命に関わります。急速に静脈点滴をしてあげて念のために抗生剤投与します。症状がでてすぐに治療をしてあげることで助かる場合がほとんどです。
今回のような下血と吐血のような多量の出血がおきますと、体がその体液喪失の急激な変化に対応できない状態になってショック状態になることがしばしばあります。
出血性胃腸炎の頻度についていえば、頻度はそれほど多くはないのですが、一度経験すると印象が強烈に残るため、出血性の下痢の患者を診察するときは常に用心するようになります。
この病気の場合徐々に症状がでるのはなく急にでますので、今回のような場合には、腫瘍性の出血以外では、考えられるのではないかと思います。
芽胞菌などはもともとはある程度犬の消化管にいる菌なので、もしかしたら雷など過度のストレスが加わって一時的に免疫力が低下し、それが消化管内での芽胞菌の増殖につながり消化管の炎症が突然起きた可能性も十分に考えられると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

結論は「ストレス等による免疫力の低下が芽胞菌の増殖につながり消化管の炎症が突然起きたことによる大量出血」ということになるようですが、最後に一つだけ確認させていただいて自分を納得させたい。

芽胞菌による消化管の炎症が原因の場合、通常の排便(固く手で持つことが出来た)の1時間後くらいには、急に多量の下血・吐血が始まることがあるものなんですね。

質問者: 返答済み 2 年 前.

追加でもう一つ教えてください。

当日朝ケージから外に連れ出した時に、落ちている何か異物を食べたことが原因と考えることもできるので、例えば"猫いらず"とかを食べたときの症状について教えてください。その他、異物の誤食について症状から考えられることがあれば教えてください。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
犬の出血性胃腸炎は甚急性におきますので、徐々になることはないです。
殺鼠剤につきましては、一般的な薬としては抗凝固性がある薬が使用されています。
症状は食べて1-3日後位に現れます。鼻出血、口腔内(例えば歯茎などから)出血、タール便、皮下出血などが症状です。
一般的な殺鼠剤では例えば10kgの犬の場合製品として1kg以上の量を食べないとなかなか致死量には至らないです。
他に異物食で吐血や激しい下血の症状がでるものはないと思います。なぜなら、出血を伴う中毒とは一旦消化管から吸収されて、凝固障害がでるためどうしても甚急性の症状にはなりずらいからです。
例えば玉ねぎを食べた場合に溶血性貧血になることがありますが、やはり症状がでるのは、1-3日後に血色素尿などの症状がでてきます。玉ねぎの場合は血便はでません。貧血になるため、歯茎がしろくなってぐったりして尿が赤くなる、というのが一般的な症状です。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

芽胞菌の事については全く知らなかったので、これほど危険なものであるなら愛犬者に対してもっと広報してくれるシステムがあればと感じました。今後その点をよろしくお願いします。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
おはようございます。
ご返事ありがとうございます。
出血性胃腸炎の原因はまだ不明な点も多いです。
結果として芽胞菌が増えいてることが多いですが、その病原性についてはまだはっきりしていません。
力丸ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

犬 についての関連する質問