JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1353
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

レトリバー メス 6歳6か月。 唇の部分にいぼのような黒色のものが出来、獣医に切除して頂き検査したところ悪性との連

質問者の質問

レトリバー メス 6歳6か月。
唇の部分にいぼのような黒色のものが出来、獣医に切除して頂き検査したところ悪性との連絡がありました。元気で、食欲もありますがこれから急速に症状がでるのだろうと覚悟していかなければと思っています。人間の医学では癌の治療も進歩していますが、犬の癌治療はどうなのでしょうか?来週大学病院に紹介状を持ち行くことになりますが、セカンドオピニオンを受けるという事も視野に入れています。受け止めなければいけない事、重々わかっていますがどのようにこれから進行していくのでしょうか。まとまりのない文章で申し訳ありません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確な回答が出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
悪性腫瘍の細かい種類によっても治療内容などが異なってきますが、基本的には手術で取りきれるものであれば可能な限り切除を行うことが第一選択となるでしょう。
明らかに取りきれないようなケースや取ってみたものの組織検査で浸潤がみられていたり不完全切除であったような場合には再発などの可能性も考えられます。
そのような場合にはできるだけ大きい範囲を切除するために、骨ごとや顎の一部を落としたりなどと大がかりな手術を行う場合もあれば、腫瘍の種類によっては抗がん剤や放射線療法などが選択される場合もあります。
基本的には腫瘍の細かい分類にもよりますし、どこまで腫瘍が広がっているのかや現時点での腫瘍の転移の有無をCT検査で調べてから手術を行うなどのご相談も必要でしょう。
大学病院では恐らくこのような内容で診察方針、治療内容を一通りの検査を行った上で検討することになると思いますが、人間の医療には及ばないものの大学病院クラスでの診断治療では人間に近いレベルの高度医療を受けることができます。
進行具合に関しては、腫瘍の種類により様々ですが、完全に切除しきれるようなものの場合には再発を起こさずに寿命を全うできるような場合もあれば、再発を繰り返しやすく、数か月で急激に大きくなり、食事などを食べられなくなるケースもあります。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
お返事感謝します。
来週大学病院で再度しっかり調べてきます。
大きな外科的手術や(顔が変形してしまうなど)抗がん剤も完治しないのならば考えていません。
たとえ短くても彼女らしく最期をと思っています。先生のお言葉の「人間に近いレベルの高度医療を受けることができます。」とのこと。
選択肢も視野に入れられそうです。感謝します。
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。 色々と大変なこともあるかもしれませんが、なるべく生活の質を保てるように十分に担当の先生とご相談されて今後の方針を検討されてください。 またご質問等ありましたらいつでもご相談ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
また、先生を指名させて頂きと思います。
想いを受け止めて下さりましたこと、感謝いたします。
有難うございます。
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
まだ詳しい検査結果など方針がわからなく不安な点も多いと思いますが、今できることを行うようにしてあげてお大事になさってください。

犬 についての関連する質問