JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1291
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

今朝から突然痙攣発作が始まり、5回以上繰り返している 脱糞、失禁有り 嘔吐なし 通常は、室内を歩行する程度であと

解決済みの質問:

今朝から突然痙攣発作が始まり、5回以上繰り返している
脱糞、失禁有り 嘔吐なし
通常は、室内を歩行する程度であとは寝ている状態
昨夜まで普通に食欲もあった。
14歳 メス 雑種(紀州犬サイズで23kg程度) 避妊手術有り 左胸にハンドボール大の脂肪腫有り 肥満気味で足腰が弱っている
皮膚にもアレルギー?症状があり、ところどころ噛んで毛が抜け赤くなっている
1週間前ぐらいから、立つのが辛いらしく震えがあり、かかりつけ医から痛み止めを処方され、服薬していた。
現在、かかりつけ医のもとで検査中。 低血糖を指摘され、グルコース点滴中。
2週間前に血液検査をしており、何の異常もなく、心肺機能も正常といわれていた。
考えられる原因と出来うる対処を知りたいのですが?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確な回答が出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

痙攣発作の原因としては、中高齢以降で初めて症状が出るような場合は、代謝などの異常によるものの可能性や脳腫瘍などの可能性が高いとされています。

その他の原因としては、特発性てんかんと呼ばれ、原因が明らかでないものの可能性も十分にあるのですが、通常は比較的若齢の場合の発症が多いとされています。

対策としては、血液検査を行っても明らかな異常がなく、現在のように繰り返し発作を起こしているような場合には、抗痙攣薬などでの治療を開始する必要があります。

特に5回以上と回数も非常に多く、意識のなくなるような状態の発作が5分以上続く場合には脳に不可逆なダメージが加わってしまい、元に戻らなくなってしまう危険性もあるため、すぐに動物病院を受診して治療を受ける事を推奨します。

一先ずは治療に反応してくれて改善がみられる場合には、抗痙攣薬の投与を継続していくことになると思いますが、飲んでいても反応が悪い場合、改善がみられないような場合には、麻酔薬などで一度眠ってもらって痙攣を止めたり、より詳しく検査を行うためにMRI検査などの必要性を提示される可能性もあるでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.

低血糖が原因でこのようなことがおきますか?

命にかかわりますか?

落ち着いた状態で家に戻ってくることは可能でしょうか?

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
低血糖でも発作を起こすこともありますので、自宅ですぐに行える対処としては濃いめの砂糖水を舐めさせていただいて、その上で動物病院に向かうとよいでしょう。

放置すると命に関わる事もあり得る状態だと思いますが、原因によって適切な対処を行なえれば再び自宅に戻って来て通常通りの生活へと戻れる可能性も十分にあると思います。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問