JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1287
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

10歳ミニチュアダックスフント おす 血液検査で、Ca値が14.4mg/dl,IP 2.2mg/dl, INTACT-PTH

解決済みの質問:

10歳ミニチュアダックスフント おす
血液検査で、Ca値が14.4mg/dl,IP 2.2mg/dl, INTACT-PTH 43.4pg/ml, GPT 134U/L, 血尿
首超音波診断で、5mm の影
上皮小体機能亢進症と診断された。手術して腫瘍を切ったほうがいいか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。返信遅くなり誠に申し訳ありません。 何点かご質問させてください。 ・去勢手術は済ませていますか?・現在、高カルシウム血症の症状として多飲多尿などの普段と異なるような症状は出ていますか?・血液検査や超音波検査以外にはどのような検査を行いましたか?・首の超音波検査では片側だけに5mm の影が認められたということで間違いないでしょうか?・腹部超音波検査やレントゲン検査などを行っているような場合には、その他の異常などはありませんでしたか?・現在はステロイド以外に何か投薬はされていますか?・血尿に関してはどのような診断を受けていますか? 非常に質問が多くなり申し訳ありませんが、文章のやりとりとなり、正確な情報があった方が適切な回答につなげることができるため、わかる範囲で結構ですので返信していただけると幸いです。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
・去勢手術はしてません
・多飲多尿は、特にいつもと同じです
・尿検査
・右側に丸い黒いかたまりがありました
・腹部超音波診断は問題なかったです
・抗生物質。プレドニゾロン5mg,ビクタスss20
・溶血 遠心しても、赤い液
リンの値が下がった翌日血尿。ステロイド飲んでからは、血尿でなくなりました。検尿でも問題なし。腫瘍切除したほうがいいのか?悩んでいます。アドバイスお願いします。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
血尿に関しては今回のCa値の上昇、5mm の影、上皮小体機能亢進症との関連は明らかではありませんが、ステロイドと抗生剤の反応からは膀胱炎などの可能性もあるでしょう。
問題の首の5mmの影に関してなのですが、現時点では腫瘍とは断定できず、手術で上皮小体や甲状腺などを切除するとなるとかなり大がかりなものとなることが予想されます。
現在行っている検査結果からですと、確かにCa値は高いですが、INTACT-PTHは明らかに異常に高値というわけではありませんし、その他のPTH-rpやイオン化カルシウムといった項目を検査しなくては、原発性の上皮小体機能亢進症なのか、それとも腫瘍による高カルシウム血症なのかの判断ができないと思います。
可能であれば超音波検査下で5mmの影の腫瘤疑いのものを針で刺して細胞の検査を行って腫瘍の疑いがあるのかどうかという細胞診という検査を試みられると良いと思います。
また、レントゲン検査や超音波検査などでは現在見つかっている5mmの影以外の腫瘍の見落としの可能性なども十分にあるため、上で挙げたような血液検査を既に行っており、細胞診でも診断がつけられないような場合には一度CT検査などでその他の全身をしっかりと精査した上で他に異常がないかを調べる必要があると思います。
これらを行った上で、5mmの影以外に原因が見つからないような場合などに関しては、この段階で手術を検討されても良いのではないかと思われます。
特に細胞診などで悪性が疑われるような場合には、将来的に症状の悪化や転移なども心配となるため、積極的な手術を行った方が良い場合もありますし、良性の過形成であるような場合には明らかな症状がみられない場合には手術のリスクを考慮してこのまま経過を観察される選択なども悪いものではないと思います。
現段階ではとりあえず切ってしまうというよりは上で回答させていただいたような可能性を再検討して今後の方針を立てなおす方が良いのではないかと思われます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。大変参考になりました。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
わざわざご返信ありがとうございます。

また経過や検査結果などでご質問等ありましたらいつでもご相談ください。

犬 についての関連する質問