JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

フレンチブルですが数週間前から眼球に傷みたいな物できかかりつけの獣医さんに診てもらい点眼薬を頂きました、がなかなか治

解決済みの質問:

フレンチブルですが数週間前から眼球に傷みたいな物できかかりつけの獣医さんに診てもらい点眼薬を頂きました、がなかなか治らず薬も何種類か頂きました、そして先日より瞼などが腫れ膿のようなものが出て目を開けませんどうしたものか
頂いた薬
最初 ステロップ、ヒアルロン酸Na、ワンクリーン
ステロップ代わりにD・E・X 0.1%
D・E・X 0.1%の代わりにベルベゾロン F
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございますございます。
少しお伺いしたいです。
基本的に角膜の傷(角膜潰瘍)にはステロイド剤(ステロップやベルベゾロン)は禁忌ですが、なぜその点眼薬を使うとか説明はありましたか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

上下瞼内側が赤く炎症を起こしていたため又炎症が治まらずさす時痛いのか嫌がるため種類を変えようです。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか。
角膜潰瘍では特殊な場合を除き、基本的にステロイドは禁忌です。
ステロイドは目の傷を治す能力を著しく下げるため、ステロイドを使っていれば角膜潰瘍は治りません。
ですので、痛みがあるからと言ってステロイドは使いません。
免疫介在性のものが考えられる場合は注意して使うことがありますが、そういう特殊な場合以外は禁忌です。
今の治療が本当にあっているかどうかは不明ですが、ステロップ・DEX・ベルベゾロンはすべてステロイド剤ですので、それらのせいで角膜潰瘍が治っていない可能性があります。
ですので、できるだけ早めにセカンドオピニオンを受けてもらったほうがいいでしょう。
傷がある状態でステロイドを使えば、どんどん傷は悪化してしまいますので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

貴重なご意見ありがとうございましt

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
はい、お大事にどうぞ。

犬 についての関連する質問