JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

12歳になる雌のトイプードルです。 膵炎と診断されて点滴治療の為入院して10日程経ちます。 経過が良くなくタンパ

質問者の質問

12歳になる雌のトイプードルです。
膵炎と診断されて点滴治療の為入院して10日程経ちます。
経過が良くなくタンパク値は下がり続け、白血球の数値は上がり続けなので、内視鏡検査をして細胞を病理検査しています。今は診断待ちの状態です。
カメラの映像で十二指腸が白っぽく所々紅いボツボツが見られました。
先生曰く、リンパ系のガンの疑いもあるという事です。
このまま死んでしまうのではと不安で仕方ありません。
通院でも良いなら夜だけでも家に居させてあげたいのですが、可能なのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
十二指腸が白っぽく所々紅いボツボツが見られました。
これはリンパ管拡張症などでも見られる症状です。
今現在使っているお薬はわかりますか?
また、タンパクやアルブミンの値はわかりますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
タンパク値は4.9でした。白血球の数値は49000を超えていました。アルブミンの値は他の数値と混同してしまって覚えていません。
感情に任せて何の資料もないまま質問してしまいすみません
質問者: 返答済み 1 年 前.
今まで病気した事がなく、入院も避妊手術の一泊以外した事ありません。初めての病気で長期入院なので、分離不安で具合が良くならないとか考えられますか?
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。
返信ありがとうございます。
可能性としては
1.リンパ腫
2.IBDやリンパ管拡張症などの慢性腸炎
のどちらかになるでしょう。
そのどちらでもステロイドが奏功します。
ただし、リンパ腫であった場合はステロイドを先に使っていると多少効果が落ちてしまうといわれています。
ですので、もし今の状況でまだあと一週間くらい待てる状態(内視鏡の結果は一週間程度かかります)であれば、できるだけそれまでの間は点滴や抗生剤でつないで、結果を待たれるのがいいでしょう。
ただし、1週間たつとかなり状態が悪くなる可能性がある場合は、そこから抗がん剤を使うとなるとかなり体力の心配が出てきます。
リンパ腫だった場合に多少薬が効きにくくなる可能性がありますが、早めにステロイドを使うのも方法の一つです。
他には副作用が少なく、リンパ腫などの腫瘍でなくても、使ってそれほど負担にならないLアスパラギナーゼといわれる抗がん剤もあります。
これはリンパ腫が確定していなくても状況的にそれが怪しく、早く治療を始めたい場合は先に始めてしまうこともあるものです(もしガンでなくても特別負担にはなりません)。
ですので、今の状況が待てるのか同課で治療を決めてもらったほうがいいでしょう。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
分離不安で余計に調子を崩すということも十分考えられます。
半日くらいお家に帰る一時帰宅も相談された方がいいでしょう。
数日とはいかないまでも半日から1日であれば、お家に行っても大丈夫だと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。明日は病院も休みなので、金曜日に先生と相談してみます。
きちんとした資料も提供できないままの質問にお答えいただきありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
とんでもありません。
ご心配なお気持ちよくわかります。何とか言い治療が見つかるといいですね。
また何かあればご相談ください。
お大事にしてください。

犬 についての関連する質問