JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1215
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

こんにちは トイプードル4歳オス去勢済み 2日程前から、特に何かをするわけでもなく 少し自分で動いたりしたとき

解決済みの質問:

こんにちは
トイプードル4歳オス去勢済み
2日程前から、特に何かをするわけでもなく
少し自分で動いたりしたとき痛みを訴える鳴き声をあげます。まずは、ソファーで寝てるとき、急に悲鳴のような声を上げ驚き、虫か何かにかまれたか刺されたのかとおもいま、周りを確認したけど何もなかったのです。数時間後抱き上げようとしたら、悲痛な鳴き声を上げました。
また数時間後、自分で、動こうとした瞬間悲鳴を上げました。このようなことから、
昨日動物病院で腰より下のレントゲン血液検査尿検査を受けましたが異常なしでした。念のため痛み止めを注射しました。本日もぐったりしたまま寝ていますが。食欲もなく、散歩のワードに反応したので
外に連れ出しましたが、動きも鈍く3メータほど歩いた後、動かなくなりました。
姿を見ていると、頭を振る行為をしようとするのですが、躊躇して辞める行為を何度もします。また、吠えようとするのですが吠えるとしんどいのか痛いのか、途中で吠える声と痛みをこらえるようなのが混ざった感じがします。
喉に違和感があるのか首がおかしいのか?
何かのどに刺さってるのか?何かよくわかりません
あと、気になるのが、舌なめずりのような、行為がかなりの頻度であります。
何が考えられるでしょうか?かわいそうでどうしたらいいかわかりません。今日も救急に連れて行くべきか悩んでいます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
症状からは首~腰にかけての頸椎、脊椎を痛めているような可能性が高いのではないかと思われます。
この場合レントゲンや血液検査などでは明らかに異常が見られない場合も多いですし、しっかりと調べるにはCTやMRI検査が必要となる場合もあります。
それらの検査は全身麻酔が必要で、負担もかかるのですぐには行う方は少なく、まずは安静療法で様子を見られる方が多いです。
具体的方法としては、2週間は極力安静にしていただいて、階段、段差、滑りやすい床などを避けるようにします。
散歩なども外で無ければトイレができないような場合を除いて控えていただく方が良いでしょう。
薬などに関しては、鎮痛剤やステロイド系の消炎剤などを用いていく場合が多いです。
また、首を痛めている場合などは、下を向いたりすると痛みがある場合などもあるので、食事や水などの容器は底上げしてあまり下を向かなくても摂取できるように工夫するなどの方法もあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答ありがとうございます。
頸椎・脊椎を痛めてる可能性が高いとのこと安静療法を多くされることが多いとのことですが
安静療法でどこまで回復するのでしょうか?まずは安静療法で様子を見られる方が多いとのことですが
その後はどのような治療になるのでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
軽度なものから重度のものまで様々ありますので一概には言えませんが、一時的な軽度なものの場合は通常2週間程度の安静を取れば通常通りに歩いたり日常生活を送る分には問題ない程度までには回復することが多いです。
その後は徐々に散歩や運動の量などを増やしていきますが、このように一度痛めてしまうと再発してしまうことも多いため、階段、段差、滑りやすい床などは改善した後も極力さけておいた方が良いでしょう。
基本的には安静療法で改善がみられた場合にはこのように薬ではなく、行動の制限などでなるべく再発を予防していくという形になるでしょう。
また、安静にしていても症状が改善しなかったり、悪化するようであれば上で挙げたようなCT検査やMRI検査を検討するという方針となることが多いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
脊椎や頸椎など、脱臼とはちがい、触診されて痛みは感じないんですか?
ヘルニアとの違いもあるんでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
上向きまたは下向きに頭を曲げるように触診すると痛みのある場合が多いと思います。
ヘルニアに関しては症状からの判別は難しいですが、ヘルニアが重度の場合は場所によって前足~後ろ足の麻痺などがみられることがあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
診察に行ったとき、まずは歩き方を見てもらい歩き方がへんでしたので、ピンポイントで下半身のレントゲンをとりました
トイプードルは、間接や骨をよく痛めるとも聞いてますし、注射を打ってよくならなかったら
また再診の予定をしてましたので、明日にでも再度診察に赴こうと思います。
全身触診されたのですが、痛みを訴えることがなかったので、お聞きしてみました。
外傷もなく、原因がわからずにいるので、消去法しかないのかなとも思っています。本日、症状からの判断をうかがえたので、明日の診察判断の参考にさせていただきます。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
診察室などでは特に緊張から痛みを我慢してしまう子もいますので、場合によっては鎮痛剤の変更などを検討されても良いかもしれません。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ステロイド剤と並行で血液検査を受けていたのですが、ステロイド剤に反応をしてしまい
膵臓の数値と肝臓の数値があがり、投薬を中断せざる得なくなりました。
消去法での病名を探すのに、触診後MRI検査及び髄液の検査をうけました(MRIだけでは決定判断が乏しい症状の為)
パンディー(-)、MRIで脛骨C4-5に軽度の鋭角的な硬膜外圧迫性病変が認められましたが、
ゲージレスト内科的療法が、薬に反応するため、外科的治療をうけることになりました。手術は無事終了しました。ただいま入院中です。
当方の質問に対して、ご回答ありがとうございました。
他の方々にもこのやり取りが参考になればと思っております。
当方として、外科的治療しか 選べない状況でしたが、今後の経過が良い方向であることを思うばかりです。退院後の生活や、気を付ける点などアドバイスがありましたらご教授ください。ありがとうございました。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
経過のご報告ありがとうございます。

かなり大がかりな手術で大変でしたね。

退院後に関してですが、通常は必要ないようですが、場合によってはコルセットの着用などを推奨される場合もあるので、担当医と一度ご相談されると良いかもしれません。

自宅で行うことに関しては、腰などの場合と同様に段差や階段、滑りやすい床などはなるべく避けて、食事などは首に負担がかからないように食事や水などの容器は底上げしてあまり下を向かなくても摂取できるようにしてなるべく負担のかからないような生活を心がけていくと良いと思います。

また何事もなければ一番良いのですが、今後C4-5以外にも病変が出てしまう可能性も0ではないため、今回と同様な症状がみられたような場合には早めの通院をされることをお勧めします。

犬 についての関連する質問