JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

atlus302に今すぐ質問する

atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1085
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

非高脂血症性膵炎後の食事管理について。 8歳キャバリアが嘔吐、食欲不振のため高度動物病院を受診し(多分異物誤飲だろ

質問者の質問

非高脂血症性膵炎後の食事管理について。
8歳キャバリアが嘔吐、食欲不振のため高度動物病院を受診し(多分異物誤飲だろう)とのことで摘出手術を受け、術後に膵炎になりました。
オペ前は異物誤飲が確定できず、開腹中に小腸、膵臓、大腸を広げ確認し、大腸に異物があると分かったそうです。
胆嚢にも胆泥がありオペ中に押して内容物を確認?したそうです。胆嚢に関しては内服するほどではないと言われています。
オペ後、順調と言われ退院したのですが全く食欲がなく嘔吐もしたので再度病院を受診、術後膵炎と診断されました。
現在は元気になっていますが、獣医師からは今後もずっと再発防止のための処方食を勧められています。
ですが数社の処方食はあまり我が子に合わないらしく
真っ白だった被毛が赤茶色になり、便も以前のような感じではないため、元の食事に戻したいと考えています。
他の獣医師にご意見を伺うと、膵炎が高脂血症からきているわけではないので元に戻しても平気と言われることもあります。
どうしたら良いでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
少しご質問なのですが、手術を行ったのはいつでしょうか?
また、膵炎から回復されたのはいつ頃でしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
7/1 オペ
7/5 体調良好、食事も食べています、とのことで退院。
自宅に戻ったが全く元気がなく食事も一切食べない。嘔吐あり7/6 病院受診 膵炎と診断このあとの経過を書かせていただきます。7/8 この日まで留置でiv
夕方、留置を外す
少しずつ食事を開始7/9〜 皮下注射7/12 低アルブミン、貧血状態が改善しないので高栄養食を処方され、これで改善しなければ輸血といわれたが、4日間高栄養食を続け、見た目にも元気になってきました。
抗生剤は内服薬を朝夕二回。7/18 採血。普通の生活に戻って大丈夫ですよ、と言われました。(回復?)よろしくお願いいたします。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
膵臓は脂肪を分解する酵素を出しているので、まさに膵炎が起こっているような場合には極力脂肪分を抑えたような食事の方が負担がかからないので理想的であるとされています。
現在は症状も落ち着いてから時間も経過しており、膵炎の原因としても手術の影響が大きく、以前食べていた食事に関しても特別に脂肪分が多い訳ではありませんので、基本的には元に戻してもらっても問題ないでしょう。
肉や揚げ物など脂分の多い人間の食事などは極力避けておいた方が良いですが、フードに関しては何度も再発を起こすような症例には必要もあるかもしれませんが、単発の場合では必ずしも食べ続けなければいけないわけではありません。
ご心配な場合は、以前のフードをお湯でふやかして消化にやさしいように工夫してみるなどの対処を行っておくと良いかもしれません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
もう少し質問させていただきたいと思います。獣医師によっては、たとえ高脂血症由来でなくても、一度膵炎になると、処方食(低脂肪食)以外のフードを食べた場合、再発しない率は2〜3割、残りは再発すると言われたのですが…
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
確かに膵炎を起こした子は何らかのタイミングで再発を起こすような場合もありますが、そのような場合は低脂肪食を食べていても再発してしまうような症例も含まれるので、処方食を食べないとほとんど再発するというわけではないと思っていただいて良いと思います。
処方食を食べていてその他の調子も良い場合は理想的ですが、処方食が合わないような場合には必ずしもドライフードである必要もなく、脂肪分が少なくなるように栄養分を調整して手作り食を与える等の方法もありますので色々と検討してみても良いかもしれません。
膵炎の食事に関しては色々とありますが、一度起こしてその後通常食でも全く再発を起こさない子も少なくはないので、一度なったら一生処方食が必須となるとコストなどの面でも負担が大きくなり、食事の自由度なども下がってしまうので、私の場合は再発してしまった例には積極的に処方食への切り替えを推奨しますが、初回の場合は治療期間が終わった場合には通常食に戻る選択肢も必ず提示するようにしています。
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1085
経験: 臨床家
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございました。
少しずつ元のフードをあげてみようと思います。うちの犬は幼少期から今までずっと同じフードを食べていたので(好き嫌いはなく、アレルギーもなく、多分どんなフードでも食べるのですが、変える必要がなかったので)他のフードを食事として与えた事がないのですがもし一般のフードで膵炎後にも推奨できるようなものがありましたらご紹介していただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
あまり色々とメーカーを変えてしまうと合う合わないが出てきてしまうので、全く以前と同じものか、ユーカヌバ、ドクターズダイエットの中でもライトのものを選ぶと他のフードと比べては脂質は少なくなるので良いかもしれません。
シニア用ではありませんが、高年齢になってもそのまま食べ続けていても問題ありません。

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問