JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1216
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

この冬13歳になるちわわを飼っています。 とっても元気だったのに7月頃からあれよあれよと言う間に老犬になってしまい

質問者の質問

この冬13歳になるちわわを飼っています。
とっても元気だったのに7月頃からあれよあれよと言う間に老犬になってしまいましたがあまりに急すぎて信じられません。3件ほど病院も行きましたがなんか腑に落ちません。
どう思われるでしょうか?
始めりは以下の症状でした。
①鼻づまりのような息使いをするようになりました。時々息も苦しそうで咳をしたりします。
食欲有、ウンチ、おしっこも問題はありませんでした。
行動がいつもと違ってきた。2本足で立つことが無くなりいつも出迎えてくれていたのにそれがなくなった。耳が遠いようで気づくのが遅い又はきこえづらい感じを受けだす。
心配で2病院へ→2件全て老化が始まっているとの診断。
②8月になっても鼻づまりの息遣いは変わらず首のあたりに柔らかいぐりぐりを見つける。
病院→血液検査も異常なし、心臓なども問題はなく。身体のエコーもしてもらいました。(ぐりぐりのエコーはしていません。)細胞診も異常なし、抗生物質を飲ます。翌日から一切ご飯を食べなくなり3日で薬を止めるとその翌日からご飯は食べる。
③現在あんなに食欲旺盛だった子が以前の半分位の食欲になる。
首のぐりぐりは大きく感じた事もあったが現在は小さくなったような気もしますが触ればすぐにわかる事はわかります。鼻づまりも変わりませんし、嗅覚が衰えている感じがします。嗅ぐしぐさがとても接近して嗅ぐ時間が長い為。
足は2本足でごくまれに立つことはありますが脚力は弱いです。歩くのが遅いです。
耳は完全に聞こえづらい。呼んでも耳がピクとも動いていない。
やたら怖がる。抱こうとしただけキャンキャン鳴く事がある。目は白内障のようですが
見えていると思います。
あまりに急激な変化に老化もあるだろうけど他何かがあるのではないかと思えてなりません。
鼻づまりは鼻炎ではないでしょうか・・・。しょっちゅうサラサラの鼻水はだしています。ただ昔からです。この鼻づまりの同時期から目の充血、目やに、涙やけも激しくなってきたのです。
今日再度ぐりぐりを診断してもらうと顎下腺に唾液がたまっていると言われました。
鳴き声が変わったのもこれのせいではないかと。
そのせいで圧迫され食欲もないのかもしれないと言う診断ですが鼻は診断されず関係ないと言う事でした。あくまでも老化と言われました。再度明日ぐりぐりのエコーを撮り唾液であれば注射器で抜くのも有りだと言われています。
鼻づまりとぐりぐりの因果関係はないですか?
やはり老化なのでしょうか・・・。こんな急に老化するもんでしょうか。
初めての老犬に戸惑っています。よろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。
確かに唾液腺の炎症などの場合は食欲が落ちることもあると思いますが、鼻との関係性は低いかもしれませんね。
高齢ということもあり、歯からの炎症などで慢性的に鼻炎になってしまっている可能性なども考えられると思います。
鼻炎などで嗅覚が落ちる事で食欲も落ちてしまうことがあります。
鼻に関しては一度頭部や歯のレントゲン検査を行ってみてはいかがでしょう?
また、一度抗生剤を投与して調子が悪くなったとのことですが、炎症からの症状である場合には抗生剤の投与は避けられないところだと思いますので、種類を変えてその子に合った副作用の少ないものを探す必要があると思います。
もちろん老化の影響もあると思いますが、首のしこりや鼻といったしっかりとした異常があるので、まずはそちらをしっかりと検査、治療を行なわない限りは単純に老化であると片付けてしまうのは違うのではないかと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。レントゲンをすればどういう事がわかるのでしょうか?
確かにうちのわんこは前の下の歯茎が歯からはがれてしまい歯を抜きました。前は犬歯4本のみ残し奥歯は少しある状態です。
しかし歯の状態を見るなら麻酔をかけて見る事にあるので麻酔に耐えれるかどうか・・・と言われました。
私も老犬なので麻酔や手術は避けたいと思っています。唾液を注射器で抜いても2週間もしたらまた溜まって繰り返す事になるだけだと思うと言われたり・・・。後、副作用が少ない抗生剤(評判の良いもの)でおススメはありますか?
今後の参考にしておきたいです。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。
レントゲン検査を行うことで、鼻腔(鼻の奥の空洞)に腫瘍などがないかどうか、歯周病の重症度と鼻への影響があるかどうかなどなどの判断の参考にすることもできます。
また、鼻や口のレントゲンであれば必ずしも麻酔は必要なく、無麻酔で検査を行う事も可能だと思います。
歯に関しては、下顎の歯は鼻への影響は少ないのですが、上顎の特に犬歯の奥などが歯周病で膿んでしまっているような場合には鼻水やくしゃみ、鼻血などが出やすいです。
唾液腺に液が溜まっているような場合でも、何度か抜いているうちに症状が改善して溜まらなくなるようなケースもあります。
年齢を考えると麻酔や手術などは確かに負担になると思いますので、他の方法を探して行っていくと良いのではないでしょうか。
抗生剤に関してはどうしても個体差があって、非常に良いお薬でもその子には合わないなどもあるのですが、チワワさんとの事もあり、飲みやすい大きさの動物用医薬品としてビクタスという抗生剤などから試してみてはいかがでしょう。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご丁寧に返事いただきありがとうございます。
明日レントゲンも撮ってみようかと思います。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
また経過などで疑問な点などご質問ありましたらいつでもご相談ください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
本日病院でエコーを撮った所2つの腫れのうち一つは液体で一つは液体ではないと言う事で液体の方のみ鎮静剤を打たれた中で注射器で吸引されました。その際歯もスケーリングして下さいました。
奥歯の(腫れている側)の所の歯と歯茎の間に穴があり赤くなっている所があったとの事でそこからが原因でこんな風になっているのかもしれないとの事でした。
鼻についてレントゲンをお願いしましたがチワワで小さいので撮ってもわからない!と言われ撮っても頂けず歯が問題であれば今回の処置で鼻も治るかもしれないとの事でした。
午前中の処置でその後ルークも何事もなく寝たりウロウロしたり元気そうなのですが先程首を見てみたら処置後より明らかに腫れておりすぐ病院に連絡して先生にお聞きしました。
先生は『針を刺して抜いているので中で血が出たのかもしれませんが大丈夫です。引くのに時間はかかるかもしれませんが・・・』との事でした。
2週間効果が持続する抗生剤も入っているので大丈夫だとは私も思ったのですが腫れてきているのでこれがドンドン大きくならないか心配になりました。ルークは触っても痛そうなそぶりもなくしんどそうな感じでもありません。
こちらでの見解も聞きたくメール致しました。よろしくお願い致します。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
基本的には液がたまっている袋状の部分はある程度液体や血液がたまると圧力で止血されるため、大量出血などを起こす可能性は低いと思います。
歯の件に関しては良いと思うのですが、抜けた液体は一体どのようなものなのか、液体ではない腫れに関しては細胞などが取れたのかなどの説明は受けましたか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
取れた液体は唾液と血が混ざったゼリー状の物と液体でした。液体ではない腫れは細胞などは取っておりません。
今までに血液検査で異常がなかったので悪いものではないだろうと言う見解の下で今回はそのままおいています。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
血液検査では腫瘍マーカーなどはないので余程の炎症がある場合や、リンパの腫瘍などの場合以外は異常が見られないことも多いので可能であれば調べておいた方が良かったかもしれません。
以前の細胞診に異常がなかったとありますが、細胞診の検査は外注の検査機関で行ったものか、それとも院内で簡易的に確認したものなのかなどはわかりますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
細胞診は院内で調べて頂きました。
今からでも調べた方がいいのでしょうか。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
手術などで腫れている部分を切除して組織を調べた場合などはほぼ確実に診断がつきますが、細胞診の場合は刺した場所などによっては一度の検査で必ずしも診断の参考になる細胞が取れないこともあったりしますので、何度か行ってみる方法もありなのではないかと思います。
また、有効な細胞が取れているような場合は、外注の検査に出して細胞を見る専門の病理診断医の診断を行っていただくと良いかもしれません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。現在通院している中ではそのような事をしてくれる病院じゃない気がします。
大阪府枚方在住なのですが鼻やしこりについて強い病院などありましたら教えて頂けませんでしょうか。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
大阪であれば動物病院も非常に多いですが、診断が確実という点では大阪市内になってしまいますが比較的近場のネオベッツVRセンターなどを紹介していただくと良いかもしれません。
その他としては、少し時間がかかっても問題なければ関空の手前のりんくうタウンにある大阪府立大学の獣医臨床センターを紹介していただくのも良いと思います。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。一度見てみたいと思います。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
どちらも信頼できる病院ですので、一度ご相談されてみると良いかもしれません。

犬 についての関連する質問