JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5396
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

飼い犬の様子が変です。症状は後ろ脚の自由が利かないようで、立つにも苦労しています。足も、もつれています。おなじような

解決済みの質問:

飼い犬の様子が変です。症状は後ろ脚の自由が利かないようで、立つにも苦労しています。足も、もつれています。おなじような症状が去年の暮れにもあり、自然に良くなったと思ったら半年で同じ症状が出てきました。食欲はあります。年齢は18歳です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。
考えられる病気としては
①脊髄梗塞 脳梗塞と同様で血管に詰まりが出て、それが原因で足が麻痺している
症状が軽い場合には回復しますが重傷だと麻痺が残ったりします
②脊髄腫瘍
③椎間板ヘルニア
④低血糖
下痢や嘔吐、シンスリノーマのような血糖値が下がる腫瘍などで
低血糖を起こしているのでフラフラしている
などが主に考えられる病気です。
早めに病院で検査や診察を受けましょう
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問