JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

5月に子宮蓄膿症による子宮摘出と片側の乳腺の摘出手術、6月にもう片方の乳腺の摘出手術をしました。その後頻尿が続き尿蛋

解決済みの質問:

5月に子宮蓄膿症による子宮摘出と片側の乳腺の摘出手術、6月にもう片方の乳腺の摘出手術をしました。その後頻尿が続き尿蛋白が3+、消炎剤と抗生剤を処方され飲ませていますが、この1週間くらいで片方の後ろ足がむくみ、立ち上がることや歩くのが不自由です。食欲はあるのですが、元気がありません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
尿タンパクやむくみが出てから血液検査はされていますか?
されていれば結果を教えてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

していません。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですか。
それであれば必ず血液検査は必要になります。
むくみの原因は
全身や局所の循環不全
低たんぱく血症
水分過剰(腎不全など)
になります。
特に尿たんぱくがずっと出続けたり、膀胱炎の症状がある場合には腎不全も疑わしいです。
膀胱炎から腎不全へ移行したり、手術の影響で腎臓に負担がかかった可能性もあります。
腎不全にしても低たんぱく血症にしても血液検査ですぐにわかります。
それがわからないと治療の使用がありませんので、必ず早めに血液検査をしてもらってください。
腎不全なら消炎剤をやめないといけませんし、低たんぱく血症であれば、その原因(肝不全やタンパク漏出性腸症など)によって治療法が変わってきます。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

満足な回答ありがとうございました。

犬 についての関連する質問