JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

6歳 ポメラニアン♀を飼ってます。7月ごろより軟便・粘膜便・血便があり受診。偶然エコーで少量の腹水があり血液検査をしたところ、ALB1.94

解決済みの質問:

6歳 ポメラニアン♀を飼ってます。7月ごろより軟便・粘膜便・血便があり受診。偶然エコーで少量の腹水があり血液検査をしたところ、ALB1.94 コレステロール77と低く、他の血液検査の結果が異常無しのため、たんぱく質漏出腸炎と診断され、タイロシン・ロイヤルカナン消化器サポートで、一週間治療し、ALB2.17に上ったが、軟便が続くため、3日に一度ステロイド治療(プレドニゾロン2.5mgを3日に1度 体重2.8kgに対し)を開始。2週間後alb2.27に上がり、軟便も一週間に一度になったので、しばらくこの治療を継続と言われました。その間、ゼリー状粘膜便を検便してもらいましたが、異常無しでした。食事は、ロイヤルカナンにくわえて、蛋白質をあげる為に、ササミの茹でたもの、サツマイモ、サプリメントとして、ベジタブルサポートを与えてました。2週間後(8月末)の検査で体重が2.9に増加していたが、ALB 2.23と減少したが、獣医によると、状態が維持できているのでさらに一ヶ月の継続を指示されました。うちのは他に9歳のポメラニアン♀もいるのですが、9月日より、その他方のポメラニアンも下痢・軟便(真っ黒なジャム状の軟便)をするようになりました。また、6歳ポメも、8月31日より軟便・粘膜便が始まり、いつもならば、1日~2日で収まるのですが、現時点でもまだ、続いてます。食事は、9歳ポメは食事内容を変えてませんが、6歳ポメがササミやサツマイモを食べるのでトッピングに与えてました。
2頭一緒に軟便になるのは、何か寄生虫や、感染症の可能性がありますでしょうか?ワクチンは6種接種ずみです。検便しても寄生虫はなかなか検出されないと言われます。ステロイドが思ったより効いていないので、IBDでは無いのでは?と思うようになって来ました。食欲旺盛・元気はあります。また、6歳ポメがしきりに前足のつめをかみます。また、下痢をする少し前から、ノミが大量に発生してしまってました。フロントラインで駆除しても、なかなかいなくなりません。
ALBが思うように上ってこないので、IBDなのかもしれませんが、寄生虫の場合はALBも下がったりしますでしょうか?二頭とも軟便になる可能性はどんな病気が考えられますでしょうか?ちなみに二頭は血縁関係はありません。どうか先生のご意見をよろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
少しお伺いしたいのですが、詳しい検便(キットを使ったジアルジア検査や外注検査など)はされていますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

検便は、直接法と浮遊法とかかれてありました。外注検査はしてません。PCR検査というものをしたようです。よろしくお願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
すいません、PCR検査は外注でないとできないと思います。
ややこしいですが、CRPという血液検査ではないでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

すいません。そうでした。CRPは基準値よりやや高目(1.3)でした。IBDをわずらっているともっと数値があがる(6~7)とも言われました。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
CRPはIBDだからかなり上がるというものではありません。
重症度によって変わりますので、IBDでも高い子もいれば低い子もいます。
逆に単なる胃腸炎でもかなり上がる時もあります。
ですので、CRPは炎症があるかどうか、また治療の経過を見るのには優れていますが、それだけで病気を診断するものではありません。
たまたま同居の子も下痢になったということも考えられますが、IBDは伝染しませんので、確かに感染症などが隠れているかもしれません。
外注検査で下痢パネルhttp://www.idexx.co.jp/pdf/ja_jp/smallanimal/reference-laboratories/jp-realpcr/JP-SAH-lab-realpcr-diarrheadpanel.pdfと言われる下痢を起こす感染症の検査があるのでそれをしてもらったほうがいいでしょう。
感染症以外に可能性があるなら中毒ということになります。
たまに海外のニュースなどで動物用のご飯の品質が悪かったり、何か化学物質が混入していて中毒を起こしたという例が報告されています。
もし同じものを食べているのであれば、フードを買いなおしたほうがいいかもしれません。
また、床や庭などに下痢を起こすような化学物質のようなものが落ちていて、それをなめて中毒を起こしているかもしれません。
たまたま下痢をおこしたという以外であれば、やはり感染症か中毒を疑います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

フードは、蛋白質漏出腸炎の診断が下った際に該当の犬だけは、病院から処方されたロイヤルカナンを食べており、9歳の子はそれまで食べていたフードをそのまま食べているので(そのフードはもう何年も食べている)フードの原因は少ないと思います。先ほど診療明細を確認しましたら、PCR検査はしてましたが、結果は聞いてませんでした。(その後何度か同病院を受診している)なので、異常がなかったのだと思います。

明日にでも2頭の便を持って受診しようかと思ってますが、獣医師に対して検査はどのようなものをオーダーすれば良いでしょうか?

検便の結果、寄生虫が見つからなくても、念のための薬の処方はしていただけるのでしょうか?

また、蛋白質漏出腸炎の治療に関してですが、ステロイドが効いていない感じがしますが、今回の下痢と、IBDは別の症状と考えたほうが良いでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
少しお待ちください。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
先ほどのリンクにありますが
idexxの下痢パネルというものをお願いすればよいでしょう。
これで基本的に下痢を起こす感染症はわかります。
ただし、寄生虫をすべて検査しませんので、試験的な駆虫をしてもらうのも一つの方法です。
処方してもらえるかどうかはその先生次第ですが希望されれば出してくれるところが多いです。
それから今のところIBDの確定診断がついていません。
もししっかり検査するのであれば内視鏡検査が必要でしょう。
ですので、関係あるかどうかは不明です。
まずはしっかり検査してもらった上で治療を再度考えてもらうべきでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。下痢パネルをオーダーしてみます。

が、内容を看て見ますと、ワクチンで予防できる病気ばかりの様ですが、(バルボやコロナなど)ワクチンを接種してもこれらに感染するのでしょうか?

内視鏡ですが、ステロイド投与前にお願いしたのですが、体が小さいので十二指腸までファイバーが届かないと言われて結局対処療法になってしまいました。ステロイドを服用してしまったので、もう内視鏡の検査は出来ないと聞きました。

症状が軽いので麻酔をかけてまでやる検査でもないとも言われました。

やはり試験開腹や、内視鏡は必要でしょうか?ステロイド服用後でも検査できますでしょうか?

もう少しきちんとした内視鏡に特化したような病院を探すべきでしょうか。

(今罹っている病院も二次診療ができるくらいの大きな総合病院ではあります)

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
そうですね。
正直パルボなどはいりませんが、特にジアルジアやクリプトスポリジウム、カンピロバクターなどは通常の検便のみではわからないこともあるので、遺伝子検査が必要です。
これはセットになっている検査なので、この検査が必要になります。
それから、IBDは重度だから検査をするというものではありません。
そもそもIBDの診断のために内視鏡や試験回復が必要であり、IBDを疑うならそうした検査は必須です。
ステロイドに反応するからIBDなどと言っていると、リンパ腫を見逃す可能性もあります(リンパ腫もステロイドに反応して一時的に良くなります)。
内視鏡でピロリ菌が見つかることも多いです。
麻酔をかけられない子にはステロイドでの試験的治療をすることもありますが、それはあくまで、麻酔がかけにくい事情があるからで、軽症だからではありません。
まずは麻酔のない検査や試験的治療をするのは悪いことではありませんが、リンパ腫などの可能性がある以上、やはり麻酔がかけられるのであればしっかり診断すべきかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。内視鏡やバイオプシーの検査をお願いしてみてどうしてもその病院で無理であれば、別の病院を考えたいと思います。確かに最初少量ステロイドで反応していたのに、ここ最近下痢が悪化してきたのも気になります。また相談させてください。よろしくお願いいたします。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
はい、お大事にどうぞ。
もし私からの回答を希望される場合は、その旨質問文いかいていただければ私が対応させていただきます。

犬 についての関連する質問