JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めまして。夜分遅くに失礼します。 トイプードルを飼っているんですが、 先ほど私が1〜2時間寝てて起きたときに

解決済みの質問:

初めまして。夜分遅くに失礼します。
トイプードルを飼っているんですが、
先ほど私が1〜2時間寝てて起きたときに
ワンちゃんを見たら、急に右目だけ
周りが真っ赤に腫れていて最初閉じていたんですが、少しずつ開けていてそれでもあきらか
左目との大きさが違うんです。右目は黒目しか見えなくてかなり左目に比べて小さく痒いのか痛いのかでかきそうになっていて目をあけるのもしんどそうな感じなんですが、急に起こった事なので、何なのか知りたいです。お返事よろしくお願い致します。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
症状からは目の痛み(角膜潰瘍=目の表面の傷や結膜炎など)あるいはアレルギーによる眼瞼の腫れの症状と思われます。
目が痛いと、まぶしいようなしょぼしょぼした目になりますし、アレルギーでは眼瞼が腫れて目が小さくなったように見えます。
本人が気にしてかいてしまうとよくないので、もし掻きそうなのであればできるだけかかないよにさせてあげてください。
一時的なものであることもありますので、明日普通であれば特に何もしなくてもいいですが、明日も同じような状況であれば病院で目の検査をしてもらい、点眼薬などをもらってください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありきたりな返しだったのでもう少し詳しく返答して頂きたかったのですが、残念です。急いでいるだけあってもっと詳しく書いて欲しかったです。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
急がれているようでしたので、簡単に書かせていただいたところです。
もし詳しいお話がほしいのであれば、もう少し情報を頂けますか?
1.左右の目の大きさが違うというのは、瞼が腫れていて、見える目の大きさが違うということでよろしいですか?それとも、目全体が小さくくぼんでいるようになっているのでしょうか?
2.目を掻いてはいませんか?こすったりはしないですか?
3.白目の部分に赤身はありますか?
4.症状は徐々に落ち着いてきていますか?
5.なにか、アレルギーになるような原因(違うものを食べた、ほこりっぽかった、いつもと違う布団やタオルなどをつかったなど)はありますか?
文面だけでのやり取りです。
与えられた情報のみでの回答ですので、できるだけ詳しい情報をお願いします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
今寝てしまっているのですが、
1.左右で見える大きさが変わっているかんじです。少しくぼみかけてる感じもみられます。普通の大きさになったりするときもあるのですが
基本つぶったり少しあけたりの繰り返しです。
2.目はそのおかしい目だけやたらかいたりこすったりしてます。今少し爪ものびてます。
3.白目があまり見られないのですが、少し見えたときに赤くなってる部分もありました。
4.今は寝てしまっているのですが、最初よりは少し落ち着きましたがあまり症状的には変わってないです。
5.特にありません。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
まず、結膜の腫れがあるのは間違いないようですね。
結膜が腫れる場合は、結膜自体の問題(炎症など)と、どこかの炎症が結膜にも波及する場合に分かれます。
結膜自体の炎症がおこるのは
1.アレルギー性
2.ウィルスやクラミジア、細菌などの感染性
にわかれます
アレルギー性では食事アレルギーやアトピーなど全身のアレルギーに伴って出てくることもありますが、その場合通常両目ですので、片目だけとなると、局所のアレルギー(何か散歩のときに目にはいったり、誇りが入った場合など)が考えられます。
感染性の結膜炎はワンちゃんでは多くないですが、出てくることもあります。ただし、その場合急にはげしい症状というよりは徐々に症状がひどくなることが多いので、今回の症状の場合は微妙ではあります。
それから、結膜以外の炎症の波及は代表的なものは角膜潰瘍です。
角膜潰瘍は角膜の傷ですが、
1、物理的な外傷
2、化学的な外傷
のどちらかであることがほとんどです
物理的なものは
自分で引っ掻いた、どこかにぶつけた、逆まつげがある、異物が入ったなどがあります。
化学的なものは
シャンプーなどの刺激物が入った場合です。
症状が急に片目だけに出てきた場合は角膜潰瘍の可能性が高いですが、結膜の腫れがひどいのであればアレルギー性結膜炎も十分考えられます。
対処法は先ほど書いた通りです。
人の目薬は刺激が強く余計に悪化することがあるので絶対にやらないでください。
他に不足点があれば、ご遠慮なく書いてくださいね。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
他に何かありますか?

犬 についての関連する質問