JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

atlus302に今すぐ質問する

atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 942
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

はじめまして。ポメラニアン 雌 6歳です。4月に定期検診を受け、数値はすべて正常だったのですが、体重増加を指摘され、6月からダイエットフードに変えたところ、軟便、粘膜便、粘膜血便を

解決済みの質問:

はじめまして。ポメラニアン 雌 6歳です。4月に定期検診を受け、数値はすべて正常だったのですが、体重増加を指摘され、6月からダイエットフードに変えたところ、軟便、粘膜便、粘膜血便をするようになり、食欲、元気はあるのですが、かかりつけ獣医(二次診療もできる大きな設備が整った病院)を受診しました。
血液検査の結果、アルブミンが1.94と低く(その病院のALBの基準値は2.3ー3.9 4月の定期検診時は3.4でした)肝臓や腎臓の血液検査は異常なしと言う臨床結果から蛋白質漏出性腸炎の診断が下り、タイロシン、ロイヤルカナン消化器サポート低脂肪を処方されました。
1週間後、ALBが2.14で改善されてはいるが、まだ時々軟便が出る胸を話しましたら、ステロイドを勧められ、プレドニゾロン2.5mg(犬の体重は2.8kg)を3日に。一度服用しましょうと指示がでました。その時点でタイロシンは処方されなくなりました。
2週間服用し、食事もササミの茹でたものや、カッテージチーズなど蛋白質を増やしてみました。
2週間後、ALBは2.27でほぼなんとか基準値に近づいてきましたが、同じ治療をあと2週間続けてる数値が上がったら、減薬か思い切ってステロイドを切りましょうと言われ喜んでました。軟便、粘膜便も1週間に1度位におさまり、(もともとひどい下痢、嘔吐は無かった)食欲、元気あり、体重も増えたので、数値に期待したのですが、本日2.23に下がっておりました。主治医はいい状態をキープしてますが、減薬までは今の時点で無理なので、同様の治療をあと1ヶ月続けましょうと言われ、落胆しました。
またバイオプシーや、内視鏡検査を希望したのですが、体が小さいのと、症状が落ち着いてるので、麻酔のリスクをおかしてまでは必要はないと言われました。確定診断をしたところで、治療方法は変わらないし、一生付き合っていく病気には変わりないと言われました。
ただ、治療中に一度粘膜血便が出た時、すぐ近所の獣医さんに便持っていった時にはバイオプシーを強く勧められ、確定診断をした方がより症状にあった治療が出来ると言われ、悩んでます。その医師は、ステロイド治療は限界があり、そのうちにステロイドが効かなくなり、悪化していくと言われまた悲観的になりました。ちなみに検便の結果は異常なしでした。
まず4月に正常値だったALBがこんなに急速に悪くなるのでしょうか?軟便、粘膜便はありましたが、下痢は一度もありませんでした。また蛋白質漏出性腸炎にはステロイドがとても良く反応すると色々調べたら書いてありますが、うちの子にはあまり反応していないように思います。
他の病気の可能性はありますでしょうか?1ヶ月後の血液検査の結果ではコレステロールもかなり低かったです。他、腎臓、肝臓 BUN 16 CREA 0.7 GLU 83 ALT38 ALKP 64 と正常値でした。
現在の治療に対するご意見、今後の治療方法、また他疾患の可能性、セカンドオピニオンの必要性、バイオプシー、内視鏡検査への賛否など先生のお考えをを拝聴したくよろしくお願いします。
普段は普通便なのに、1週間に一度決まったように粘膜便をするのも気になります。
なんとか助けてやりたいです。よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

少しご質問なのですが、超音波検査などは行いましたか?

また、尿検査などは行っていませんか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
質問が重複してしまっているので、こちらから返信いただけると助かります。
質問者: 返答済み 1 年 前.
重複して申し訳ありません。超音波はしてないです。医師からの提案もありません。尿検査も医師からの指示はありません。また受診時に都合良く排尿してくれないのでしていない状態です。よろしくお願いします
質問者: 返答済み 1 年 前.
重複して申し訳ありません。超音波はしてないです。医師からの提案もありません。尿検査も医師からの指示はありません。また受診時に都合良く排尿してくれないのでしていない状態です。よろしくお願いします
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
お手数おかけしました。

超音波検査に関しては、蛋白質漏出性腸炎であった場合には腸に特徴的な所見が現れる場合も多く、病気を確定していく際の重要な判断基準の一つとなるので、行っておくことをお勧めします。

また、尿検査に関しては、他の病気の可能性として、蛋白漏出性腎症、糸球体腎症といった腎臓から蛋白が漏れ出てしまう病気の可能性もあるので、尿が上手くとれたときに一度検査されておいた方がよいでしょう。

その他の原因としても、コレステロールが低い場合は肝疾患なども考えられますし、リンパ腫などの腸の腫瘍の可能性もあります。

どれも最初に挙げた2つの検査を行うことで大よその除外をすることができますので、まずは検査を行ってみてから次を検討されても良いのではないかと思います。

バイオプシー、内視鏡検査に関してはいよいよ蛋白漏出性腸症が最も疑わしいとなったときに確定診断を行う際に行うのが理想であるとされていますが、ステロイドを投与してしまうと診断結果の信憑性が下がってしまうので、今回のような場合では私ならば行いません。

蛋白漏出性腸症の症例は比較的多いのですが、皆低アルブミンの症状が激しいため、試験的にステロイドの治療となってしまう事が多く、あまり検査を行えないようなケースも多いのが現状でしょう。

上で挙げたようにまだしっかりと他の病気の可能性が除外されている訳ではないので、セカンドオピニオンは必須ではありませんが、今通っている病院でより詳しく精査をされてみてはいかがでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早々のお返事ありがとうございます。次回の受診時にエコーをお願いしてみようと思います。尿検査ですが半日くらい経った物でも大丈夫でしょうか?
あと今の治療は効果が出てると思われますか?あまり効果が出ていないと思われますか?
また肝臓疾患の可能性に関してですが上記血液検査の結果が異常なしでも可能性はありますでしょうか?その際はどのような検査をオーダーしたら宜しいでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
尿検査はできれば朝であれば午前中の診察時間に、夕方に取れたものは午後の診察時間にと新しいのが理想ではありますが、難しい場合は当日の物であれば問題ないでしょう。

治療効果としては、現在のステロイドの使用量が通常蛋白質漏出性腸炎で使う用量に比べて非常に少ないので、用量、頻度を増やすとより反応してくれる可能性はあると思いますし、現在の分量でも下痢の症状が治まっているのであればよく症状をコントロールできているのではないかと思います。

肝臓の場合は食欲元気があるようであれば可能性は低いですが、肝硬変などの場合は肝酵素の値やコレステロールの値が下がることもあるので肝疾患の可能性も0ではないと思います。

肝臓に関しては、腹部超音波検査を行う際に同時に見る事が可能なので、全体を見ていただくと良いでしょう。
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 942
経験: 臨床家
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
詳しく教えて頂きありがとうございました。ステロイドは先生も副作用が、出ないギリギリの量ですと言ってましたし、確かに服用を増やせば、数値が上がるが、この量で体調が、キープ出来れば良しとしてる様です。私としては、体重も増え、元気、食欲もあり、下痢もおさまってるのに、なぜアルブミンが上がらないのか、とても疑問でしたが、先生の回答で、良く分かりました。ありがとうございました。
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
また検査結果などわかりましたら経過など教えていただけると幸いです。

どうぞお大事になさってください。
質問者: 返答済み 1 年 前.

先生

8月31日から、また軟便・粘膜便が本日まで止まらなくなりました。また、もう一匹ポメラニアンを飼ってるのですが(9歳 ♀ 血縁関係なし)そっちの犬まで軟便・粘膜便が始まり、真っ黒なジャム状の下痢みたいなのをしました。元気・食欲はあるのですが、これはいったいどのような状態が考えられますか?もしかして寄生虫なのではないかと感じております。一度検便はしましたがその時は異常無しでしたが、寄生虫は一度の検便ではなかなかみつからないと聞きます。なぜ2頭とも同じ症状なのでしょうか?何度もすいませんが、お返事いただければ幸いです。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
2頭とも同じ症状が出始めてしまったとのことですね。

真っ黒なジャム状の下痢というのは胃や小腸からの出血が疑われるので、共通で何かを食べてしまった場合や、寄生虫だと犬鞭虫症などの可能性があるかもしれません。

確かに検便に関しては検出力に限界があるので、2頭両方の便で再度検便を行ってみる必要があるかもしれません。

少なくとも2頭同時に蛋白質漏出性腸炎を起こす可能性は極めて低いので最初に症状が出てきた子も別の病気の可能性も出て来ると思います。

寄生虫などで消化管から出血などがあるとALBも低下してしまう事もあります。
質問者: 返答済み 1 年 前.

早々のご回答ありがとうございます。ステロイドが思ったように反応しない、でも元気も食欲もある、と言う事を鑑みたら、IBDではないかもしれないと感じます。もし検便の結果寄生虫が見つからなくても、駆除の薬はいただけるのでしょうか?また、下痢の前に、結構ノミが居たことも分かりました(フロントラインをしても毛が多いためか、なぜかあまり減らないのです)その影響はいかがでしょうか?

中毒だとしたら嘔吐はありますでしょうか?現状2頭とも嘔吐はまったくありません。何度も申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。

寄生虫の種類によって駆虫薬の種類も異なってくるのですが、薬自体の副作用などは少ないので、試験的に処方してしまうこと自体には問題ないと思います。

大量にノミがいた場合は瓜実条虫という寄生虫がいる可能性もあり、これは検便検査では検出できないので、一度駆除を行っておいた方がよいでしょう。

中毒に関しては物によって症状が様々で嘔吐は出ないこともありますが、何を食べたかなどがわからない場合は最適な治療法はなく、点滴などの対症療法となってしまいます。

フロントラインなのですが、フロントラインプラスでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます。フロントラインプラスと記載がありました。昨年までこまめに駆除していてノミがいなかったのですが、今年はうっかりしており、気がついたら結構ノミがわいており、あわてて7月に入りフロントラインをしましたが、現在でも多少ノミがいる状態です。(その後は毎月フロントラインをしております)毛量がかなり多い子なので、滴下が難しく、本来なら食べるフロントラインを処方いただきたかったのですが、IBDに対して反応したら怖いので、滴下型にしております。

中毒は普段、留守にしてる間に時々ゴミ漁りをしていたり、風呂の水を呑んでたりする時があります。

便ですが、受診時に2頭同じタイミングで便が出ない場合は、した時にとっておき、2頭分揃ってから持っていこうと思いますが、保存方法や、どのくらい時間が経ったものまではOK(例えば前日のものまではokとか)はありますか?

また、検便の検査方法に関して、獣医師にオーダーするとしたらどのように言えばいいでしょうか?

寄生虫の治療薬の処方がされた場合はステロイドを中断したほうがいいでしょうか?よろしくお願いいたします。

専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信遅くなり申し訳ありません。

ノミに関してはフロントラインプラスであれば、毛が多くてもかき分けて地肌に滴下すれば卵などにも有効です。

あまりノミが多いようであれば、カーペットなどの環境中で増えてしまって再感染を起こしている可能性もあります。

中毒ですが、ゴミやお風呂の水であれば急性の胃腸炎などは起こしても一時的なものでここまで長期の経過とはならないと思います。

検便は寄生虫の卵であれば1晩ほど時間が経ったものでも問題ないですが、新しいものでないと検出できない寄生虫もいますので、可能であれば新しい物がよいです。
朝取れたら午前中の診察時間に、午後に取れたら夕方の診察時間まであたりを目安にしてください。

検便の検査に関しては、できるだけ詳しい検便で行ってもらえるようにお願いすると良いでしょう。
通常の検便以外に遺伝子検査でより精密に寄生虫の判断を行う検便もあるので、そのようなものは行えるかどうかも確認されると良いでしょう。

寄生虫の薬に関しては、ステロイドと同時に飲むこと自体は問題ありません。
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 942
経験: 臨床家
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問