JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1311
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。2日前に眼に爪が刺さり、傷ができている場合、既存の目薬をどうするか問い合わせたものです。何度も

解決済みの質問:

よろしくお願いします。2日前に眼に爪が刺さり、傷ができている場合、既存の目薬をどうするか問い合わせたものです。何度も失礼いたします。
症状が変わらずアドバイスお願いできますでしょうか。
翌日の病院の検査では表面に傷はなく、眼圧も正常で治療中のステロイドと抗菌剤は変わらず続けています。
4日経ちますが、辛そうにしょぼつかせていたり、片目だけつむっているのは変わらずです。ゴハンや散歩など楽しいときや音がしたり注意してる時の目はぱっちりしています。
じっと覗き込むと、片目だけだんだん小さくなり、しょぼつかせます。涙は多めですが目やにや充血はありません。
ぶどう膜炎の治療始める前もしょぼつきありましたが、目薬を始めたらすぐにしょぼつかなくなっていました。今回はおなじ目薬つづけていても改善しないので心配しております。
傷はなく打撲のような感じなのでしょうか。その場合、しょぼつきは長く続くのが普通でしょうか。傷、眼圧、スリットランプ検査は異状なく、他、現時点でした方が良い検査などありますでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

単純に指が入ってしまった程度で、傷がない場合はしょぼつく症状は通常当日くらいのもので、あまり長く続くものではないと思います。

色々と検査はされていますが、やはりブドウ膜炎の経過が長すぎるので、ブドウ膜炎が進行していたり、治療への反応があまり良くないのではないでしょうか。

今まで行っていない検査などで精査を行い、深く原因を探ってみると良いかもしれません。

眼に関しては、眼底検査や超音波検査などで、眼の内部に網膜剥離や眼内出血などがないのかを確かめる必要があるでしょうし、全身の基礎疾患として甲状腺や副腎皮質ホルモンの検査も行った方が良いでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

操作が不安定で途中で送信になりすみませんでした。

ありがとうございます。
一瞬の出来事でしたが、非常に強く、伸びた爪で刺すように押し込んでしまいました。傷がないのは幸いではあるのですが不思議です。強い眼球打撲ではあると思います。何もなくても痛みが続くこともあり得るかとも少し期待しておりまして、「傷がない場合はしょぼつく症状は通常当日くらい」を教えて頂きまして非常に心配です。
爪で刺す前は、点眼と抗生物質飲み薬で、眼はきれいな状態になり常にぱっちり開いている状態によくなっていたので、爪が刺さった前後で明らかに状況が変わっています。

眼底検査や超音波検査は未だなのでしてもらいたいと思います。
ぶどう膜炎(左目)消炎剤質飲み薬、ステロイド点眼 
→細菌感染(両目)抗生物質飲み薬、ステロイド点眼、抗菌剤点眼
→細菌感染(尿)抗生物質飲み薬、ステロイド点眼、抗菌剤点眼
→眼球打撲(左目)という経過で、色々症状が混ざり

消炎剤は今飲んでません。

ぶどう膜炎の最初に非ステロイド消炎剤飲み薬でしょぼつきが改善したような感じもあるのですが、今回も有効という事も考えられますでしょうか。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。

今以上に目薬を増やすのも少し考え物なので、非ステロイド消炎剤の飲み薬は試してみても良いと思います。

超音波検査は比較的容易ですが、眼底検査に関しては熟練していた方がしっかりとした検査を行うことができますので、現状の相談も兼ねて眼科の病院で検査を行っていただくと良いでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

すぐに病院でも見て頂こうと思います。

眼底検査は基本的にお任せしお願いするものかとは思いますが、受ける上で、特にしっかり見て頂きたい部分をこちらからもお伝えしお願いできることなどはありますでしょうか。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
今回は症状に左右差がありますので、できる限り右と左をしっかりと比べてどのような違いがあるのかに関してをしっかりと見てもらい説明を受けると良いと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。もう一点すみません。非ステロイド消炎剤をプラスするばあい、現在服用中の抗生物質との飲み合わせは問題ありませんでしょうか。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
抗生物質との飲み合わせに関しては問題なく同時に飲んでしまっても大丈夫でしょう。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問