JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1312
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

おしっこの後震えて後ろ脚が痙攣したようになりました。1分ほどでおさまったかに見えたので、離れて読んで歩かせたところよ

解決済みの質問:

おしっこの後震えて後ろ脚が痙攣したようになりました。1分ほどでおさまったかに見えたので、離れて読んで歩かせたところよたついて歩いてきました。その後は普段通りに戻り一日たちます。
数か月ごとにおしっこの後震えてしっぽを垂れてうずくまったりすることが2,3年続いています。左右腎臓に小さい結石CTでみつかりましたが、それまでの4回の超音波では結石は見あたらず、尿検査でも結晶の崩れているようなかたちのものは毎回たくさん混ざっています。アルカリ尿になりやすいです。
今回、様子がおかしくなってから、おちんちんの先から付け根の方まで順につまんで反応を見てみると、真ん中より下2/3辺りから付け根のあたりでつまんだあたりにびくっとするので痛いようです。
去勢しているのですが、その当たりが痛むのは、尿道か、あるいはそれ以外の臓器だとすると原因として何が考えられますでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

震えて後ろ脚が痙攣するとなると、膀胱ではなく尿道の位置に結石がひっかかっている可能性や、排尿する際に刺激が伝わる腰付近の神経に異常がある可能性などが考えられます。

検査の方法としては、レントゲン検査で尿道の問題の部分に結石がないか、腰椎付近に異常がないかなどを調べる事と、尿道カテーテルを挿入してみて、真ん中より下2/3辺りで抵抗などがないかを調べるなどがあります。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。尿道に異常があった場合でも小さい場合お水を大量に与えて流れるという事もあり得ますでしょうか。

今まで、定期的に様子がおかしくなるのを繰り返していたのは、結石ができたあと、自然に尿で流されたりだったことも考えられますでしょうか。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。

腎臓に結石がある場合は、何かのタイミングで下の方に流れてきて、尿道などにひっかかるリスクが常にあります。

完全に詰まってしまった場合などはもちろん尿が出ず緊急事態となりますが、結石の形やひっかかる角度によっては隙間から尿がしっかりと流れることもあります。

また、石だけではなく、尿道の途中に腫瘍ができかけている可能性なども0ではないかもしれません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございます。

2週間前のレントゲンでは異常なしとのことでして、

尿道カテーテルはしていません。麻酔は必要でしょうか。なしでも検査可能でしょうか。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
尿道カテーテルは少しは嫌がると思いますが、麻酔なしでも十分に検査が可能ですよ。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問