JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

最愛の猫(推定、平成20年3月頃の生まれ、雌、避妊手術済み)についてご相談させてください。経過は次の通りです。今年7

解決済みの質問:

最愛の猫(推定、平成20年3月頃の生まれ、雌、避妊手術済み)についてご相談させてください。経過は次の通りです。今年7月7日ワクチン接種(7回目)、血液検査(初)、ALT223、AST61、他は正常、肝臓の薬を処方、7月31日ALT251、AST68、肝臓の薬、8月17日ALT164、AST50、ALP311、T4、9.2、FT4、6.0以上、食餌療法開始。2ヶ月くらい前から以前より鳴くようになったのと肝臓の数値とで、ネットで調べ甲状腺検査をお願いしました。他の点では変わりなく、元気だったのですが、今日8月20日今までよりさらに鳴いて近寄るとゴロンと横になるので心配になり、気が動転しています。餌y/dは今日もよく食べました。獣医さんには、がんではないだろう、食餌療法で様子を見ようといわれました。この猫の日常は、田舎の一軒家状態なので、出入り自由、鼠や蛇とかげなどよく取ってくる(小さいのは食べてしまう)、一昨日も鼠を捕ってきてさんざんじゃれていた、といった状況です。これは初めからです。なにとぞよろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
もう少し情報をお願いします。
心臓が悪いなどとは言われていませんか?
また、今現在の状態(症状)をもう少し詳しく教えてください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

他はどこも悪くないと言われました。肥大はない、心臓の雑音も聞こえないと。

現在は普通にしています。キャットタワーの最上段で寝たり、餌の残りを食べようとしたり、外に出かけようとしたり。今は鳴き声も止んでいます。それから、この猫の個性かと思っていたのですが、ゴロゴロと喉を鳴らす音が他の猫に比べて大きく、鳴き声も細くありません。初めからです。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
それであればとりあえず様子を見てもいいですね。
可能性としては甲状腺機能亢進症の子では、高血圧を起こすことが多いので、高血圧から脳血管障害を一時的に起こしたということです。
他には心発作や血栓塞栓症などでも軽いものではそういった症状を起こすことがあります。
とりあえず今現在調子が良さようであれば出来る限り安静にして様子を見てもらってもいいでしょう。
一過性のものである可能性が高いです。
ただし、甲状腺機能亢進症から高血圧や心不全などを起こしている場合は今後も同じような症状を起こすことがあるので注意は必要です。
質問者: 返答済み 2 年 前.

喉を鳴らす音や鳴き声の大きさは甲状腺とは無関係ですか?

食餌療法を始めて食べものが変わってかえって(または一時的に)悪くなったということはありませんか?

鳴き止んだので少し安心しています。ありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
甲状腺と関係ある可能性はあります。
甲状腺機能亢進症の子は、鳴き声が大きいことが多いので。
それから食事で甲状腺が悪化したということはないでしょう。
そういうことはほとんど聞きませんので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問