JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めてご連絡申し上げます。ミニチュアダックスフント:オス13歳です。 体重が9.4キロです。 先週半ばに奇声を発

解決済みの質問:

初めてご連絡申し上げます。ミニチュアダックスフント:オス13歳です。
体重が9.4キロです。
先週半ばに奇声を発しておしっこを漏らしてしまってから、様子がおかしく、
獣医師の判断では、脳に障害があるのではないか、と説明を受けました。
その脳の障害を引き起こすのが「暑さ」ではないか、と説明されたので、クーラーをきかせた部屋におります。
ただ、日に日に元気がなくなっているようで、日中は寝てばかり。フードはあまり食べず、人間の食事には「くれ、くれ」と寄ってきます。この辺は変わらないのですが、呼んでもほぼ無反応。一言で言うと、「元気がない」という状況です。
また、普段より呼吸のリズムが速いのも気になります。
このような場合はどのようなことが考えられるのかを伺いたく、質問させていただきました。
東京都文京区在住 小山内
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
症状からは脳の障害はたしかに考えられますが、暑さから来ると言うのはあまり一般的ではありません。
何かされた検査があれば教えて貰えますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

特に検査はしておりません。今年の春先、散歩中道路にべったりお腹をつけて歩くのをボイコットした時に、目が変だったので、同じ獣医師に診てもらった時に脳のことは説明されました。ただ、特に検査はしておりません。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
そうですか。
まずは出来る範囲の検査をして貰った方が良いでしょう。
何か脳神経の異常を疑わせる物でも、甲状腺機能低下症や糖尿病等のホルモン疾患、低カルシウム血しょうや高カルシウム血しょう、低カリウム血しょうなどの代謝異常、肝性脳症などの肝疾患などの血液検査で分かる病気もあります。
それから脳疾患の場合は実際にMRIをとらないと分かりませんが、脳神経テストで異常が出ていれば脳疾患の疑いは強いです。
その場合、脳炎や脳腫瘍、脳梗塞などが考えられる病気になります。
おそらく飲んでいるお薬はステロイド剤と思われます。
これは炎症を抑えたり脳圧を下げたりして脳炎や脳腫瘍では症状が改善することはあります。
ただし、糖尿病や肝性脳症では悪化させることもあります。
私も脳疾患の疑いは強いと思いますが、まずは血液検査で何か他に異常がないかどうかはしっかり見ておいてもらう必要があるでしょう。
その上で、もし異常がなければMRIをとるか、麻酔を掛けたくない場合は、ステロイドや脳圧硬化剤などで様子を見るかのどちらかになるでしょう。
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
すいません、最後の部分は脳圧降下剤です。
失礼いたしました
質問者: 返答済み 1 年 前.

japavetさん。度々すみません。脳圧降下剤、承知いたしました。

システムを初めて使っているので、「専門家に返答する」を入力している最中に専門家の方から投稿されるとどうなるのかわからないので、再送申し上げます。

先ほど記入したのは、最後に質問させて頂きたかったのですが、

■呼吸のペースが速い・食欲がない、というのは脳の障害に起因している可能性があるのでしょうか。

■脳に障害がある場合は、手が付けられない、と説明を受けましたが、やはり難しいのでしょうか。

抽象的ですみません。ご教示頂けると幸いです。

専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
■呼吸のペースが速い・食欲がない、というのは脳の障害に起因している可能性があるのでしょうか
ということですが、関係している可能性はあります。
食欲不振に関しては何処に異常があっても起こってくることがあります。
呼吸に関しては脳の異常に伴う不安感、頭痛、呼吸中枢の異常などが考えられます。
■脳に障害がある場合は、手が付けられない、と説明を受けましたが、やはり難しいのでしょうか。
そんなことはありません。
たしかに難しいことはありますが、脳炎であれば免疫抑制剤でコントロールすることも出来ますし、脳腫瘍でもロムスチン等の抗ガン剤や放射線療法である程度症状を改善し提示することが出来ることもあります。
人のように手術でどうこうというのは難しいことも多いですが、原因が分かれば対処法が分かる場合は少なくありません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問