JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1353
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

ミニチュア・シュナウザー9才(オス)です。半年くらい前から中性脂肪とコレステロール治療をしておりました。7月に入ってその薬を飲むと、頻繁に吐いていたため 1週間前に血液検査をしたと

質問者の質問

ミニチュア・シュナウザー9才(オス)です。半年くらい前から中性脂肪とコレステロール治療をしておりました。7月に入ってその薬を飲むと、頻繁に吐いていたため 1週間前に血液検査をしたところ
GPT1000以上 GOT171 ALP3500以上 GGT105の数値がでてしまいました。そこでエコーの検査をしていただいたのですが、肝臓が少し腫れているくらいでエコーでは問題はありませんでした。まず、治用として肝臓を強くする注射を毎日1週間、自宅でカロリー管理 低塩脂肪の食事、抗生物質、肝臓に良いサプリメントをおこなったのですが、今日の血液検査は
GPT1000以上 GOT226 ALP3500以上 肝酵素が1週間前より上がってしまいました。
甲状腺は異常ありません。リポテストは後日、結果待ちです。
今日からステロイドを1週間やってみて、方針を決めましょうといわれたのですが、考えられる病気、治療は何があるか、アドバス頂ければ幸いです。宜しくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

かなり数値が高く心配ですね。

考えられる可能性としては、胆管肝炎や膵臓炎、腫瘍などの可能性が考えられるかもしれません。

特に膵臓炎や腫瘍の場合はエコーの見た目だけではわからない場合もありますので膵臓炎に関してはより詳しい血液検査で調べてみる必要があるかもしれません。

何点かご質問させてください。

現在、食欲や元気、嘔吐の有無などはどのようになっていますか?

治療として、皮下点滴などは行っていますか?
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

先生、ご連絡を有難うございます。

数値が下がらなくて、本当に心配しております。

食欲は普段から余り食べる方ではないのですが、残したりもしますが、2回食べてます。(ドックフードは1週間前からあげていません。白米、ささみ、キャベツ、ブロッコリー、白身のお魚などを1日450カロリーにしてあげております。)

元気は以前より横になっている時が多くなったように思います。

散歩は少しにしてます。

嘔吐は以前の薬をやめてから、なくなりました。

皮下点滴はおこなっていない様に思うのですが、毎日打っていた注射とは違いますよね?詳しい事がわからなくて、すみません。

今日は2つ血液検査をしてきました。(生化学検査と総胆汁酸検査)です。

病院に詳しく聞いておいたほうがいいことがあれば、ご連絡をください。確認します。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。

数値としては完全に食べなくてもおかしくありませんので、食欲が少しはあり、嘔吐がないのは幸いですね。

皮下点滴とは、通常の血管からの点滴と異なり、皮膚の下に点滴の液を入れて半日~1日程度でゆっくりと吸収させていくという点滴になります。
行うと一時的に背中などにたまるので、ラクダのように皮膚が盛り上がるようになりますので、そのような事がなかったら処置としては行われていないのだと思います。

肝酵素の数値を下げるという目的でも可能であれば行っておくと良いと思います。

検査の項目として、ALB(アルブミン)、LIP(リパーゼ)、TBIL(ビリルビン)、c-PL(犬膵特異的リパーゼ)などの値は測定されていますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

こちらこそ、何度もすみません。

血液検査は総蛋白7.6 アルブミン2.9 血糖値119 BUN18.7 クレアチン腎1.0 総コレステロール450 中性脂肪66 総ビリルビン0.6 ナトリウム151 カリウム3.8 クロール106 アンモニア39 (前回の検査でGGT105)

後は血球計算で高かったものTP7.6 MCV80.3

です。c-PL(犬膵特異的リパーゼ)はないようです。

尿が濃いのと、お水を余り飲みたがらないのも気になります。

このまま、ステロイド治療にしてよくなるのでしょうか?心配です。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
総蛋白7.6と高めなので、脱水がある可能性が高いですね。

水分をあまり飲んでいない影響もあると思います。
これは点滴により改善される可能性が高いと思われます。

漫然とステロイド治療を行っているだけでは改善する可能性は低いのではないかと思われます。
ステロイドは炎症などの場合は有効ではありますが、基本的には肝臓には負担がかかるので私であれば余程打つ手がない場合でないと今回のような症例には使いたくないところです。

できればLIP(リパーゼ)c-PL(犬膵特異的リパーゼ)など行える検査は全て行って原因を特定してそれに合わせた治療を行っていくのがベストですが、後は肝臓に対する飲み薬を増やしても良いのではないかと思います。

現在は肝臓に関してはどのようなお薬が処方されていますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事が遅くなりすみません。

ノイロビタン1錠、犬用栄養補助食品あとは粉薬で人間でゆうと青汁のような臭いがします。肝臓にいいとか。

今日、追加された薬がプレドニンとゆうステロイドと胃薬

昨日までと違う抗生剤です。

これを7日間分です。

明日か明後日にはリポテストの結果が出るといっていたのですが、

これはLIP(リパーゼ)c-PL(犬膵特異的リパーゼ)の検査とは違うのでしょうか?無知ですみません。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
どうぞお気になさらないでください。 リポテストは私はあまり使用していないのですが、中性脂肪とコレステロールを詳細に調べる検査のようですので、膵炎を調べるLIP(リパーゼ)c-PL(犬膵特異的リパーゼ)とは別の検査です。 ノイロビタンはビタミン剤なので、肝臓のお薬が少し少ないように思えます。追加するのであれば、ウルソデオキシコール酸とトレプビトンというお薬を追加されても良いかもしれませんので一度ご相談してみてください。 どちらも肝臓のお薬で、肝臓の値が強い時にはまず処方されるようなお薬で、ステロイドを試すより先にそちらを検討してみても良いかもしれません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

本当に、有難うございます。

主治医の先生に相談してみます。

また、お伺いするかと思いますが、宜しくお願いします。

参考になりました。

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
またご質問ありましたら、いつでもご相談ください。

犬 についての関連する質問