JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

12才オスのミニダックスです。よろしくお願いいたします。箇条書きにします。 月曜朝 激しい吐き気が約2時間続きまし

解決済みの質問:

12才オスのミニダックスです。よろしくお願いいたします。箇条書きにします。
月曜朝 激しい吐き気が約2時間続きました。午後病院で血液検査し、白血球が3万あり異常。
エコーで特に異常なし。膵臓の可能性ありとのこと。抗生剤の注射と内用薬処方。
金曜午後病院で血液検査。WBC 177 PIT 54.2 ALP 435 LIPA 1702 CRP 4.2
の結果です。高い項目を書き出しました。膵炎の疑いが大きいとのこと。
抗生剤の注射うつ。
吐き気は当日の約2時間以降ありません。食欲はなく、おやつは食べます。排便は普通です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
確かに膵炎は怪しいですね。
最近は膵炎の検査で感度も特異性も高いcPLIという血液検査キットがありますが、その検査はしてもらっていませんか?
また、質問(聞きたいこと)を具体的に書いていただけると助かります。
何を聞きたいか具体的にお願いします。
質問者: 返答済み 2 年 前.
その検査はしていませんが、LIPAの検査をしました。これが膵臓の検査だとおっしゃていました。数値は1702で基準値上限の10倍を超えていました。CT検査は必要でしょうか?又仮に膵臓の手術が必要な時に、年齢的な問題がありますか?今まで病気はしたことがありません。
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
まず、LIPAは感度も特異性もそれほど高くないため、ある程度の指標になりますが、これで膵炎の確定診断はつきません。
本当に膵炎かどうかはcPLIでも100%はいえませんが、LIPAよりはかなり信頼性は上がります。
膵臓腫瘍などであれば別ですが、膵炎は内科的な疾患ですので、手術は必要ありません。
膵炎であればとにかく点滴と消炎をしっかりしながら、吐き気がなくなれば強制的にでも食事を入れて行ってもらう必要があります。
急性膵炎の場合は、集中治療が必要ですので、CTや手術というよりは入院点滴をしてもらったほうがいいかと思います。
エコーや経過から考えてもし腫瘍が疑わしい場合は、CTや手術が必要になりますが、膵臓の腫瘍はインスリノーマがほとんどですので、その場合は低血糖を起こすことが多いですのでそれがなければCTや手術というのは必要ないのではないかと思います。
ただし、最初ん書いた通り、膵炎の確定診断がついたわけではないですし、仮に膵炎があったとしても、胃腸の病気などからも膵炎は併発してきますので、膵炎があるからそれが症状を起こしているものということは一概に言えませんので、直りが悪かったり、他の病気が疑わしい場合はCTが必要になる可能性はあります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問