JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1287
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

15歳のラブラドール♀ですが昨年末に喉頭麻痺と診断されました。 15歳という年齢と近くに経験のある獣医さんが見つか

解決済みの質問:

15歳のラブラドール♀ですが昨年末に喉頭麻痺と診断されました。
15歳という年齢と近くに経験のある獣医さんが見つからず様子を見るという方法をとりましたが、たまに夜中に起きる発作の症状がひどくなり、先日窒息寸前のような状態で息が出来ずにもがき苦しむようになってしまいました。
どうにか発作出ないようにするか症状を緩和することはできないでしょうか?
犬がいる部屋は24時間エアコン、加湿器、空気清浄機で空調管理はしており酸素ハウスも設置する予定です。
発作が夜中に限定されるため酸素ハウスの中で寝させるようにしようと思いますが効果は期待できるでしょうか?
以前から心臓に逆流が見られるといことで薬を飲ませていましたが、その診断後ビタミン剤とステロイドを与えています。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。

既に色々と内科の治療を行っているようですね。
酸素室に関しては、呼吸器の発作に関しては非常に効果的なので、発作が起こったときなどでも十分に症状緩和が期待できると思います。

その他に関しては、劇的に効果のある治療薬などは残念ながら存在しないのですが、激しい発作が起こった時などにアセプロマジンという薬剤を使用することで、症状を抑えることができる可能性がありますので、かかりつけの動物病院にご相談の念のためのために備えて処方していただくと良いかもしれません。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問