JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1221
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

13歳10カ月の柴犬(♀)です。右目は白内障になっており、左目が眼圧が高くすでに緑内障で失明しているようです。 5

質問者の質問

13歳10カ月の柴犬(♀)です。右目は白内障になっており、左目が眼圧が高くすでに緑内障で失明しているようです。
5月末ぐらいから左目にトルソプト点眼液、チモレート点眼液を一日3回点す様に言われていますが、
一日に一回点せれば良いほうで、嫌がってまったく点せない日のほうが多い状態です。緑内障で眼圧が高いと痛みが激しいと聞きますが、今のところ黄色い目やにが出ていますが、普段は散歩にも出かけますし痛がってる様子も見受けられません。目やにを拭くときに少し嫌がります。
このまま様子をみてていいものか、手術をしなければいけないのかどうしたらよいのでしょうか?
よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
目薬はやはり苦手な子も多く、しっかりと決められた回数をさせない場合も多いです、可能であれば回数が少なくても良いので現状のまま続けて痛みがなさそうであればこのまま様子を見ておいて構わないでしょう。
手術でシリコンボールを入れる方法などもありますが、この方法は術後にかなり厳密に点眼薬を行う必要がありますので、目薬が苦手な場合は適応外となります。
緑内障の治療薬として、点眼の目薬以外にアセタゾラミドという利尿剤の飲み薬もあったりしますので、どうしても点眼回数が少ない場合はこちらの飲み薬も併用して行えるよう、かかりつけの動物病院さんにご相談してみてはいかがでしょう?
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
先日は適切なアドバイス有難うございました。
今のところ緑内障の痛みはあまり無いようですが、右目と比べると少し大きくなって出てきている様な感じで、相変わらず充血しています。
日によっては黄色ポイ目やにが出てきていますが、このままの状態で痛みも無く続いていくのか最終的には必ず痛みも増して悪化していくのか、どうなっていくのでしょうか?
悪化していく場合は眼球摘出する方法しか無いのでしょうか?
専門家:  atlus302 返答済み 1 年 前.
返信ありがとうございます。眼圧が高くなり、牛眼という目が大きくなってしまっている状態ですね。 最終的にはそのままどんどん大きくなるという訳ではなく、ある程度まで症状が進行すると眼球の萎縮を起こし、眼球ろうという状態になり縮んでいく可能性が高いのではないかと思われます。 その場合は特に痛みなどもないので、無理に手術で摘出する必要もないと思います。 正直なところ年齢から考えると麻酔をかけて手術を行うリスクに対して、大きな症状改善はないので、このままの状態でいかれても良いでしょう。

犬 についての関連する質問