JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めてご質問させていただきます。 14歳になるミニチュアダックスですが、2週間前に乳腺のしこりで受診しました。

解決済みの質問:

初めてご質問させていただきます。
14歳になるミニチュアダックスですが、2週間前に乳腺のしこりで受診しました。
乳腺腫瘍を指摘と、採血にて肝疾患、糖尿病と言われ内服処方されました。
手術もすすめられましたが、抵抗があり、いったん決めずに帰りました。
内服は、最初は食事に混ぜて食べていましたが、ここ数日食べなくなりました。
便もやわらかくなり、時々吐くようになりました。
今まであげていたペットフードは一切口にしなくなり(受診するまえは、催促するくらい食欲旺盛)、極端な話、薬をのませなければよかったと思うこともあります。
腫瘍もやや大きくなったようなので、食欲低下は病状悪化なのでしょうか?
この2-3日はほとんど食べていないので、暑さも手伝って元気がない様子で心配です
手術をすべきかどうかも悩んでいます。
最悪、このまま看取る覚悟もするつもりですが、どのようにしてあげるのがベストなのか、ご回答いただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 1 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
正直なところ、乳腺腫瘍は転移などを起こして末期的な状態にならなければ全身状態が悪化することはありません。
ですので、糖尿病と肝疾患のどちらかの悪化によるものの可能性が高いです。
もちろん乳腺腫瘍の転移があればそちらも悪さをする可能性はあります。
特に糖尿病は治療をしないとどんどん体のバランスが崩れてしまい状態が悪化してしまいます。
糖尿病が本当にあるのであればそれを治療しなければ状態の改善は望めません。
肝臓に関しては状況次第ですが、肝臓の数値が高くても全身状態がいいという子は珍しくないので、今すぐの治療が必要かどうかはお話をお伺いするだけではわかりません。
とりあえず、まずは今すぐにでも糖尿病の治療を始めてもらうほうがいいでしょう。
糖尿病は治療がうまくいけばまた元気になってくれる可能性は十分ありますので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問