JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1221
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

Atlus302さんにたずねられた内容について、おくればせながら昨日の夕方お答えしたのですが 返答がありませんでし

解決済みの質問:

atlus302さんにたずねられた内容について、おくればせながら昨日の夕方お答えしたのですが
返答がありませんでした。
私は利用方法を理解していないような気がします。
すみません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
返信遅くなり申し訳ありません。
前回の質問が閉じられていたため、確認遅れてしまいました。

動物病院により色々と診断が異なる理由や副腎の異常が発見されなかった理由に関してですが、ALKPの上昇がいつからみられていたのかわかりませんが、高齢であるので症状の見られない上昇であれば深く追求せずに様子をみる病院も多いでしょう。

またレントゲン検査では副腎の腫大は発見しづらい場合も多いですし、診察を受けた時点ではまだ小さかったという可能性もあります。

超音波検査に関しては、当てる術者によって検出力にかなり差が出ますので、診断に違いが出ることも多いです。
特にエコーが苦手な場合は右側の副腎の描出が難しいことがあります。

両側の副腎が大きい場合は、摘出して解決するわけではないですし、下垂体が大きい場合などは放射線治療はありますが、毎回全身麻酔をかけて6~7回照射するような負担の大きいものとなる可能性があります。

CT検査であれば、左右の正確な副腎の大きさはもとより、肝臓に腫瘍がないかなども精査することができるので、確認のために一度検査を受けてみるのも良いかもしれません。

ACTHの結果によっては副腎皮質ホルモンに異常がある場合は投薬して症状が治まるかまず内科療法を行って反応を見てから今後の対策を考えるという方法もあるかもしれません。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問