JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5278
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

11歳のバーニーズです。膿皮症と診断されました。抗生物質を数か月投与しましたが、患部は広がるばかり、今は大きくはれ上

解決済みの質問:

11歳のバーニーズです。膿皮症と診断されました。抗生物質を数か月投与しましたが、患部は広がるばかり、今は大きくはれ上がり、皮膚がめくりあがり噴火口のようなものができ、膿が大量に出続けています。病院では全身麻酔の外科手術か、だましだまし膿の洗浄をしていくしかないといわれました。
11歳、さすがに外科手術はかわいそうで、このまま様子を見ようと思っていますが、あまりに膿が匂います。また、患部近くの毛が膿で汚れてしまいます。ほかの病院に診てもらおうとも悩んでいますが、ネットで検索する限り、外科手術が必要なことが書いてあり、どうしてよいものか悩んでおります。
食欲はありますが、どんどん痩せ衰えています。
何か治療法はありますか?外科手術はするべきなのでしょうか?年齢的に手術しても大丈夫でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
皮膚の炎症を起こす原因となる毛包虫の検査やカビの検査は実施しましたか?
血液検査や皮膚の切除をして行う検査はしましたか?
ステロイドは使用していませんか?
食欲は以前と変わらずにありますか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

検査らしきものはしていません。

ステロイドは、塗り薬でステロイド入りのものを耳に塗ったことがあるくらいで、飲み薬はなかったと思います。

食欲は、抗生剤を投与している間はあまり食べなくなってしまいましたが、薬をやめたらよく食べます。以前とあまり変わらないくらい食べています。

よろしくお願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
膿皮症は全身ですか?
それとも幹部が1カ所で段々大きくなってきている感じですか?
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

患部、一か所です。赤く皮膚がめくれあがっているような箇所が直径5センチぐらい。そのまわりのふくらみを含めますと、10センチくらいになります。

4月ごろからだんだん大きくなり、今、赤い患部は大きさが落ち着いた感じがします。周りのふくらみはまだ広がっているような感じがします。

背中(肩)のあたりです。

よろしくお願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
通常は膿皮症は全身に生じる事が多く、その原因は全身のアレルギー炎症による皮膚炎が
あるので感染が生じるためです
今回の症状は原因が皮膚腫瘍(リンパ腫や肥満細胞腫など)や異物がその箇所にある事で
おそらく皮膚の膿皮症を起こしているのではないかと思います。
ですからおっしゃるように皮膚の外科手術でその箇所を切除する
あるいは皮膚の一部を少し切除して病理検査が必要でしょう
病理検査を元に内科治療で治療できるものなのか外科手術が必要なのか
対策をしていくことが必要でしょう
ですからセカンドオピニオンを受けて、適切なアドバイスを私も受けるべきだと思います
このままでは悪化して悪い結果が生じるだけです
11歳と高齢で心配でしょうけど早めに対応してあげてください
お大事にどうぞ
質問者: 返答済み 2 年 前.

一概に言えないとは思いますが、11歳、全身麻酔に耐えられる年齢でしょうか?

専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
おそらく通常の散歩をして、息切れしない位でしっかりと歩ける、不整脈などが出ていないなら
出来る可能性は高いと思います
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問