JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

現在、10月に満12歳になるミニチュアダックスフントなんですが、1年ちょっと前にヘルニア手術をうけました。ステージ3

解決済みの質問:

現在、10月に満12歳になるミニチュアダックスフントなんですが、1年ちょっと前にヘルニア手術をうけました。ステージ3だったのですが、手術は大変だったらしのですが、退院のときには、歩けるようになっていて、びっくりしました。しばらく安静にさせてとのことだったのですが、じっとしているはずがありません。そのうち、しっかり歩けるようになるかとおもいきや、腰はフラフラして、歩くのもやっとです。からだも、傾いで歩いているので一度、かかりつけ医にみていただいて、MRIをとっていただいたのですが、脳の異常もなく、みみが少し炎症おこしてるようなので、抗生剤で様子見てみましょうということでした。ヘルニアも足も力はいってしっかりしているし、再発の可能性もないということでした。でも、最近、ヨタヨタと歩いているし、こしがフラフラするので、給水皿にも顔を突っ込んでしまうし、ご飯も壁によりかかって、食べる始末です。食欲はすごくあるんです。術後の管理で筋肉がなくなり、動けなくなってしまったのかと思い、いまは、筋肉をつくる、高たんぱくのフードにきりかえています。このまま、寝たきり状態に進んでしまうのか、とても、不安です。何か、良いアドバイスがありましたら、よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんにちは。
1年前にヘルニアの手術をされて、その後ふらつきがあるとのことですね。
少々お尋ねしたいのですが、
ふらつきの程度がだんだんひどくなってきているということでしょうか?
腰がふらふらするということは、後遺症ではないのでしょうか?
術後のリハビリはなにかされていますでしょうか?
主治医の先生の見解はどのようなものでしょうか?
ご返事お待ちしております。
質問者: 返答済み 2 年 前.

有難うございます。ふらつきの程度は術後より悪くなったようです。主治医の先生には後遺症かも?という言葉でしたがはっきりとは言われませんでした。普段、留守番させていることがおおいので、とくにリハビリはしてきませんでした。散歩もあまりさせていません。(今になっては散歩もできない状態です。からだを触るとごつごつとしていて、筋肉がなくなってしまったようです。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
いろいろ原因は考えられると思いますが、
椎間板ヘルニアの手術をした場合しばしば術後もふらつきが残ること(ある意味後遺症)はあります。そのため、術後のリハビリが必要になることはしばしばあります。
考えらえる可能性としましては、
術後の後遺症(脊髄の障害が残り麻痺が残っている可能性)
加齢による筋肉量の低下
あまり動かないことからくる廃用性症候群(使わないとますます筋肉量が低下して関節も固くなる)
その他何か病気を抱えている
といった複合的な要因があるのではないかと思います。
そのため、もし何かしてあげたいということでれば、
リハビリ(リハビリの仕方は主治医の先生にお聞きになり最初は先生と一緒にされるとよろしいかと思います。)
関節サプリ(ムーブマックスやアンチノールなどが候補)
血液検査などして他に異常がないか調べる
などをされるとよろしいかと思います。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問