JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 258
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

頸部のヘルニアと関節が一部動かないために、前脚が曲がってしまい、体重をかけることができず、立つことができません。目を

質問者の質問

頸部のヘルニアと関節が一部動かないために、前脚が曲がってしまい、体重をかけることができず、立つことができません。目をいろいろなところにぶつけてしまい、目に損傷をおってしまい、今、治療中です。年齢は14歳のチワワです。心臓肥大があり、投薬してもらっています。家に人がいない時には車椅子に入れていますが、筋力が衰えており、後脚では、自力で動くことができない状況です。なんとか、前脚を外科手術で治す方法はないでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 2 年 前.
初めまして、質問ありがとうございます。
頸部の椎間板ヘルニアの診断はMRI検査ですか?
-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。
質問者: 返答済み 2 年 前.
レントゲンとmriだそうです。頸部の関節の間隔が狭まって、変形しているために、前脚が使えない状況とのことです。掛かりつけの先生によると、心臓肥大があり、麻酔に耐えらないので、オペができないということです。前脚は使っていないので、大分細くなっていますが、見た目には、きちんとした位置にあれば、立てる感じです。今の状態ではqolが低すぎるので、何とかしてあげたいと思います。オペ以外に選択肢があるなら、それでもいいです。

犬 についての関連する質問