JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
issafd3sに今すぐ質問する
issafd3s
issafd3s, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 2097
経験:  北海道大学獣医学部卒業
68561268
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
issafd3sがオンラインで質問受付中

はじめまして、五十嵐と申します。 Mダックスの去勢オスが重篤な状態です。 6/29(月)夜に手術をしました。胆泥

解決済みの質問:

はじめまして、五十嵐と申します。
Mダックスの去勢オスが重篤な状態です。
6/29(月)夜に手術をしました。胆泥粘膜症と肝外側左葉5センチ角の腫瘍のため、両方とも全摘出をいたしました。手術は成功と聞いていたのですが、7/1(水)朝から徐々に様態がぁ悪化して、19時頃には意識を無くしかけていました。
手元に最新の血液検査がないのですが、
総ビリルビン:9~12、アルブミン:1.0、カリウム:5.7などです。
胆汁が漏れているのは間違いないようですが、どこからか分からないため、ドレーンは効果がないとのことで、輸血とお腹の洗浄をしました。
ただ、その処置をしても上記の数値であり、明日の状態によっては、体力や麻酔の効き目に不安があるものの、再オペで胆汁の漏れ場所を探ったり、隣の肝臓も摘出することも医師から可能性として聞いております。今は酸素室に入っています。
胆汁が既に止まりつつあるのなら、希望ももてるのですが、何か他の手立てなど助けてあげる方法はないものでしょうか?
無理を承知ですが、信頼ある病院への緊急転院なども考えてしまっております。
以上、ご意見をお聞かせくださいませ。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
こんばんは。
胆嚢と肝臓の一部を切除したということですね。
何らかの原因によって腹腔内に胆汁が漏れている場合には、それを止める処置をしないといけないです。
胆汁液はかなり刺激性があり腹腔内に漏れると胆汁性腹膜炎をおこして内臓が爛れますし命に関わります。
また手術後のビリルビンの濃度が手術前と比べて変化がないか上昇している場合には、まだ閉塞が解除されていないということなので、もう一度胆管系を調べる必要があると思います。
胆汁の漏れはない場合で術後の一時的な胆管の閉塞が疑われる場合には、ステロイドを使用して炎症を抑える治療をされてもよろしいかと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答有難うございます。

手術前のビリルビンは0.2ですので、極端に上がっています。

閉塞が解除されていないとは、どういう状況を指すのでしょうか?

胆汁は漏れていないので、手術などせずステロイド投薬だけで治る可能性があるという意味なのでしょうか?

また胆汁の漏れ有無が判断できる、具体的な方法があるのであれば、そちらもお教えいただきたいです。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
手術前のビリルビンの数値は0.2で、術後に9-12まで上昇しているということでしょうか?
緊急性のある手術だったのでしょうか?
今はビリルビンの数値が高くなっていることから胆汁の排泄ができていないか、赤血球が壊れる免疫介在性溶血性貧血になっている可能性があると思います。
もともとビリルビンは胆管系から排泄されるものですから、その血中濃度が上昇しているということは、ビリルビンの産生増加(赤血球が壊れている)か排泄する管が詰まっているか(胆管閉塞)どちらかの可能性が考えられます。
胆嚢切除のときに胆嚢の炎症が生じて管内腔が閉塞している可能性があるという意味です。
漏れていないというのは、ご記入いただいた文章にそう書いてあっためです。
胆汁が既に止まりつつあるのなら、希望ももてるのですが、と書いてあります。
術後の胆管の炎症を抑えるためにステロイドを一時的に使用することは可能だと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

説明が不明瞭ですみません。

胆汁が止まりつつあるかは全く分かっておりません。

肝臓の腫瘍が大きく、それが原因で胆泥が急激にたまって胆嚢が破裂寸前での手術でした。

「ビリルビンの産生増加(赤血球が壊れている)か排泄する管が詰まっているか(胆管閉塞)どちらかの可能性が考えられます。」

こちらのご意見を担当医に聞いて処置を相談させていただきます。

有難うございました。

専門家:  issafd3s 返答済み 2 年 前.
ご返事ありがとうございます。
手術が成功したのかどうかは、まだ分からないということですね。
内科的治療としては炎症を抑える治療、外科的には胆汁の漏れがある場合それを止める必要があると思います。
摘出した出来物は必ず病理検査にて診断を着けることをお勧めいたします。
issafd3sをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問