JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

16歳のゴールデンレトリバーがいます。ここ数日、呼吸が浅く、息苦しいようで長い時間横になっていることができないようです。それでも散歩に行きたくて出かけるのですが、途中でフラフラと倒

解決済みの質問:

16歳のゴールデンレトリバーがいます。ここ数日、呼吸が浅く、息苦しいようで長い時間横になっていることができないようです。それでも散歩に行きたくて出かけるのですが、途中でフラフラと倒れ込んでしまうことも増えてます。もう16歳だし、何かあっても治療はできないと言われているので覚悟はできていますが、苦しい思いをあまりさせたくないなと思ってます。普段の生活でやってあげられることや眠るときなどでラクな体勢があったら教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんにちわ。
ご質問ありがとうございます。
それは心配ですね。
症状からは心不全や貧血の悪化、腹腔内腫瘍など様々な原因が考えられます。
とりあえずはせめて何が原因かを調べてもらい(血液検査やレントゲン検査はほとんど負担にはなりませんので)、何かお薬で改善することができないかを調べてもらうのが、一番苦しい思いをさせない方法かと思います。
そのうえで、今できることとしては
1.散歩はとにかく朝晩の涼しい時間に行ってもらう
2.寝起きは関節や筋肉が固まっていることが多いので、足の曲げ伸ばしや筋肉をもむなどのマッサージをしてもらう
3.寝るときは基本的には自分で好きな体制を取るのでそれに任せる。ただし、固すぎる床は床ずれなどの原因になりますので、できるだけクッション性のあるものを下に敷いてもらう。また、風通しはできるだけ良いところで寝てもらう。
4.散歩コースはできるだけ坂道などは避けて平坦な場所にいってもらう。
などということです。
心不全などではお薬でかなり楽になる子もいますので、今度病院に行かれる時にしっかり相談されることを強くお勧めします
質問者: 返答済み 2 年 前.
お返事ありがとうございました!
うちの犬は極度の病院嫌いです。また、もともと足腰が弱っていたうえにこの数日は立つのもやっとです。体も大きいため移動も大変で病院へ行くことがとてもストレスみたいですが、やはり連れて行くのがベストでしょうか?
また上記の通り、スムーズに体勢を変えられる状態ではなくても本人に任せて大丈夫でしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
確かに大きい子で足腰が弱ってきている場合は大変ですよね。
それでやはり原因は知らb手負いたほうがいいでしょう。
そうしないとどうしたらいいかわかりませんので。
それから基本は本人に任せていいですが、同じ体制ばかり取るのであれば逆向きに変えたりい1位日2,3回やってもらったほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
かかりつけの病院に行ってみます!
ありがとうございました!!
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
はい、お大事にどうぞ。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問