JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

雑種犬7才雄、半月前から前足左を上げる仕草をしビッコをひきます。かかりつけ医とセカンドオピニオン医、レントゲンも異常

解決済みの質問:

雑種犬7才雄、半月前から前足左を上げる仕草をしビッコをひきます。かかりつけ医とセカンドオピニオン医、レントゲンも異常なしですが、散歩も行けず痛そうです。クレアチンの価が2.4位あり投薬はノイロビタンと関節のサプリメントで、痛み止はなしです。フォルテコールを二ヶ月服用してましたが、2日前確認して止めました。元気もなく食欲も以前程ありません。
始動が特につらそうに見えます。様子を見てますが、神経や脊椎ではと、心配です。
次の手はどうすればいいのか?9日と15日に診察室では緊張感か症状を出しませんが、部屋では頻繁です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
ご質問ありがとうございます。
血液検査でCRPの値は見てもらっていますか?
また、関節液の検査などのお話はありませんか?
もう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 2 年 前.

クレアチンの事ですか?最新は2.4です。

その話は聞いてません。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
ちがいます。
CRP(急性層タンパク)です
質問者: 返答済み 2 年 前.

今回は血液検査はしてません。

専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
返信ありがとうございます。
足の痛みの原因に免疫介在性の関節炎があります。
これは多発性関節炎や全身性紅斑性狼瘡などがあり、初期には一つの足のみのびっこや痛みの症状で出てくることがあります。
これらの場合、CRPがあがります。
通常の靭帯損傷やねん挫、打撲などの外傷性のものではCRPが上がりませんので、CRPで鑑別していくことも多いです。
また、関節液の検査で感染性関節炎などとの区別も可能です。
人であればMRIなどで靭帯疾患や筋肉疾患、神経疾患を区別していくことが多いですが、MRIはワンちゃんでは全身麻酔が必要ですし、費用もかなり掛かります(5万円以上)
ですので、まずは簡単に調べられるCRPの検査が一番でしょう。
その後、関節液検査をしてもらうか、MRIなどの詳しい検査に行くか相談された方がいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問