JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
atlus302に今すぐ質問する
atlus302
atlus302, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1215
経験:  臨床家
84238367
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
atlus302がオンラインで質問受付中

犬の尿管結石について教えてください。 現在、13歳メスのミニチュアピンシャーです。 掛かりつけの病院で手術を

解決済みの質問:

犬の尿管結石について教えてください。
現在、13歳メスのミニチュアピンシャーです。
掛かりつけの病院で手術を勧められております。
血便が出て膵炎と診察されたのですが、レントゲン・エコー・血液検査で尿管結石により
尿管が太くなって、、左腎臓にも異常があるとのことです。
また、右、腎臓にも以前より嚢胞があります。嚢胞は悪性ではない可能性があるが
将来的に破裂すれば危険とのことです。(3.7mm)少し拡大しています。
手術は危険を伴うとのことです。
カテーテルで尿管から膀胱に石を動かして行う術式だそうです。
年齢も考慮して、早い方がよいとのことです。
その時に左腎臓が駄目になっていたら摘出、右腎臓の液体も抜いて検査しましょうとのことです。
両方駄目になれば。。。。
昨日入院して、24時間点滴を行った結果、BUNの数値が85→42 に下がりました。
排尿は普通にできています。血尿もありません。
親切で丁寧な説明をして頂いたのですが、まずは膵炎を治すことを優先してもらうことにしました。
また、危険を伴う手術が恐ろしいのです。
今までも結石はあったと思います。このまま数値が落ち着いてくれたら手術は避けても
いいものかどうか悩んでいます。
主治医は飼い主さん次第とのことです。
アドバイスお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
初めまして、ご質問ありがとうございます。
直接診察をしていませんので的確なアドバイスが出来ない場合もある事をご了承ください。
追加の質問や情報があれば随時書き込みをしてください。

かなりリスクが高いので数値が落ち着いているようでしたら手術は保留しておいた方がよいと思います。
尿管をいじるとなると右側の腎機能なども落ちる可能性もありますし、その時に左の腎臓がしっかり働いているのかどうかというのも保障できません。

また、膵炎がある場合は余程のことがない限り手術は適応されないことが多いので現状の治療で経過をみる方が無難でしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の回答ありがとうございました。

腎臓は左右とも開けてみないと解らないそうです。

手術の結果、腎機能が落ちれば怖いです。

手術を即決しなくてよかったです。

結石を放置すれば、将来どうなるのですか?

このまま小康状態を保てることもありますか?

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
現在も結石が完全に詰まっているわけでもないようなので、摘出を行わずに状態を保てる可能性も十分あるでしょう。

結石が大きくなったり、移動して完全に閉塞した場合などは急性の腎不全となるリスクはあります。
尿管結石のある子は少なくはないのですが、皆がそのような状態となるとは限らず、ほどんどはそのまま無症状で過ごすケースも多いです。
atlus302をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

何度もすみません。

経過をみてもらって、膵炎がよくなってから主治医と今後の対策を考えてみます。

ちなみに判断に迷った時、セカンドオピニオンは受ける価値がありますか?

動物病院にその旨を伝えても気持ちよく紹介状を出してくれるものでしょうか?

専門家:  atlus302 返答済み 2 年 前.
動物病院や獣医師によっても考え方や治療の技術などは千差万別なので、
迷った場合や飼い主様の希望とズレがある場合はセカンドオピニオンを受ける価値はあるでしょう。
ほとんどの場合は快く紹介状なども用意していただけると思いますので必要な場合はお願いすると良いでしょう。

犬 についての関連する質問