JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

前回の続きです。 的確な回答ありがとうございました。 ペットの胆のう炎はもう3年すぎたぐらいです。内服薬を朝、夕

解決済みの質問:

前回の続きです。
的確な回答ありがとうございました。
ペットの胆のう炎はもう3年すぎたぐらいです。内服薬を朝、夕飲み続けています。3年の間に
嘔吐、食欲不振、お腹も痛そうにしています。苦しい表情です。そのたびごとに痛み止めと吐き気止めの薬を内服をしていましたが、
さいきんは痛み止めも吐き気止めを飲んでも元気がないです。食べ方もいつもはガツガツ食べていたのが、ゆっくりにきつそうに食べています。胆のうの摘出手術を考えたほうがよいのでしょうか。
14歳の老犬なので、元気なうちに受けさせておきたい気持ちもあります。
よろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 2 年 前.
こんばんわ。
そうだったんですね。
確かに内科的治療の限界の可能性があります。
それであれば外科手術を考えられた方がいいかもしれません。
ただし、わんちゃんの胆嚢摘出術は合併症の多い手術でもあります。
14歳というのはすでにそれなりに高齢でもありますので、リスクもあります。
正直どちらを選択するのがいいのかというのは、結果論になってしまう部分が多く、今文面だけでお答えするわけにはいきません。
内科的治療の限界だと思いますが、外科的治療がうまくいく保証もありませんので、そのあたりをしっかりと手術のできる病院で相談してもらったうえで、どうするか決めてもらうべきだと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問